戻る

シロサバフグ

海水

  • シロサバフグ画像
  • シロサバフグ画像
  • シロサバフグ画像
  • シロサバフグ画像
  • シロサバフグ画像
シロサバフグ画像 シロサバフグ画像 シロサバフグ画像 シロサバフグ画像 シロサバフグ画像

シロサバフグ

フグの仲間

別名: サバフグ・シロサバフグ・カナトフグ・カナトフク・サバフク・シロサバフク
科目: フグ目フグ科

シロサバフグの特徴

北海道~九州の各地に分布。フグの仲間の中では遊泳力に富み、中層域を群泳する。小魚や甲殻類などを捕食する貪欲な肉食魚。船釣りなどでエサに群がり、鋭い歯を持ち仕掛けを噛み切ってしまうことで嫌われる。シロサバフグ自体は無毒であるが筋肉や皮に猛毒を持つドクサバフグと外見がよく似ているので十分に注意が必要である。もともとクロサバフグとは同種として扱われていたが、クロサバフグからは筋肉などが弱毒であることが判明し、別種として扱われるようになった。水揚げの盛期は特になく、年中を通して水揚げされる。産卵期は春から初夏で、旬は産卵を終えた秋から春前である。

シロサバフグの見た目の特徴・見分け方

体色は背は茶褐色~緑がかった褐色。体側は銀白色で腹部は白い。尾ビレは黄色く下半部に白色域がある。背面の小棘域が眼隔域から胸ビレ先端上部まである。体長は25~35㎝ほどが一般的。耳はないものの顔つきはウサギに似ている。もともと同種であったクロサバフグ。ドクサバフグとも似ている。尾ビレの湾入が弱いほうがシロサバフグである。さらにクロサバフグは尾ビレの両端が白くなるのに対し、シロサバフグは下方部分のみが白くなる。またドクサバフグは、背ビレのつけねまで棘状の突起が広がっているが、シロサバフグは胸ビレの前方までである。

シロサバフグの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

肉にやや水分が多い。小骨がほとんどないので食べやすいので煮付けや唐揚げ、天ぷらなどがお勧め。刺身で食せないことはないが、プリプリとした食感もなく柔らかく水っぽいのでテッサには向かない。塩焼きや一夜干しは美味。少し寝かせた身をぶつ切りにして寄せ鍋などの具材として利用するといい出汁もですので喜ばれる。皮からうま味が出るので、棘があるところ以外の皮はできるだけ残して調理するのがポイント。シロサバフグは肝なども無毒であるが、似た見た目の猛毒魚がいることから筋肉と皮、精巣のみが食用として認められている。また、調理も特別な免許を持った人のみが許可されている。

シロサバフグのレシピ動画

シロサバフグ(無毒)のさばき方
シロサバフグ お茶漬け

シロサバフグの生態域・分布

南日本・北日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海 ・琉球列島

シロサバフグの釣り方

釣り船・防波堤・海釣り公園・ボート・ソルトウォータールアーフィッシング

シロサバフグの釣り場

沖合・内湾・防波堤

シロサバフグの動画

Instagramでのシロサバフグの投稿

Twitterでのシロサバフグの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!