戻る

ミズクラゲ 刺毒 中毒 粘液毒

海水

  • ミズクラゲ画像
  • ミズクラゲ画像
  • ミズクラゲ画像
  • ミズクラゲ画像
  • ミズクラゲ画像
ミズクラゲ画像 ミズクラゲ画像 ミズクラゲ画像 ミズクラゲ画像 ミズクラゲ画像

ミズクラゲ(水海月)

別名:
科目: ミズクラゲ目ミズクラゲ科

ミズクラゲの特徴

日本近海に広く生息し動物性のプランクトンを捕食して生活しており、時には小魚などを捕食することも有る。心臓を持たず、体の殆どが水でできている。傘にある4つの模様は、胃腔、生殖腺で、それが目に見えることからヨツメクラゲと呼ばれることもある。この模様は、オスは白っぽくメスは茶色っぽい色をしている。傘を開閉して遊泳するが、その動きによって循環機能も働かせている。塩分濃度の低い地域を好み、水温が30℃を超えると死ぬ。

ミズクラゲの見た目の特徴・見分け方

透明~白っぽい、半透明の色をした傘を持つ。傘の表面に4つの円のような模様があり、傘の縁に細く短い触手が一列に並んでいる。15~30cmにまで成長する一番ポピュラーなクラゲ。鑑賞等として飼育されることも有るが、意外とデリケートなため飼育はなかなか難しい。

ミズクラゲの毒・危険な部位

  • 刺毒
  • 中毒
  • 粘液毒
  • 危険!

触手には針を持つが、刺されてもほとんど痛みを感じることはない。皮膚の薄い部分に触手が触れると痛みを感じることも有る。

ミズクラゲの食べ方・食味レビュー

  • 星無し
  • 星無し
  • 星無し
  • 星無し
  • 星無し

ふつう食用としない。

ミズクラゲの生態域・分布

ミズクラゲの釣種

ミズクラゲの釣場

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!