一覧へ

アコウダイ

  • アコウダイ 画像
  • アコウダイ 画像
  • アコウダイ 画像
  • アコウダイ 画像
  • アコウダイ 画像
別名: アコウダイ・メヌケ・アコウ・メヌキ・メヌケダイ・メヌケタイ
科目: カサゴ目フサカサゴ科

特徴

青森県~和歌山県に分布。水深500~700mの大陸棚斜面にすみ、12~4月の産卵期には200~400mラインに回遊する。深海釣りで釣りあげると水圧の関係で眼球が飛び出していることが多いので「メヌケ」の別称がある。標準サイズは40~60cm。白身で非常に美味しい魚である。

形態

全身朱色の姿はホウズキとよく似るが、背ビレ棘は13本(ホウズキは12本)であること、尾ビレ後縁の中央が浅くへこむ(ホウズキはへこまない)ことで見分けられる。

食味

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印

白身で脂がのり大変美味しい。煮付け、塩焼き、照り焼き、鍋物などさまざまに料理される。味噌漬けや粕漬け、干物にもされる。

フィッシュはアプリストアから
無料でダウンロード可能!