一覧へ

クロダイ

  • クロダイ 画像
  • クロダイ 画像
  • クロダイ 画像
  • クロダイ 画像
  • クロダイ 画像
別名: チヌ・クロダイ・カイズ・チンチン・クロ・チンタ・マチヌ・メイタ・チヌダイ・チヌタイ・チン・マナジ・ツエ
科目: スズキ目タイ科

特徴

琉球列島にはいないが、北海道の南部から本州、四国、九州まで広く分布する魚で、マダイと並んで釣りファンの多い魚である。磯やイカダ、防波堤や船釣りなど、いろんなジャンルでそれぞれに釣り方があり、好奇心が強い割には警戒心も強く、釣りにくい魚の一つとされている。産卵の時期はマダイより遅くて4~6月。この季節に釣れるものを「乗っ込みクロダイ」と呼び、数、型ともに期待できるベストシーズンである。西日本ではチヌの呼び名でおなじみだが、幼魚をチンチンとかカイズ、チンタと呼ぶ地方もある。

形態

タイ科の魚の中ではもっとも色が黒いためにクロダイという呼び名がつけられた。体色にも変化が多く、銀白色や青みがかったものもいる。各ヒレの間にある鰭膜が黒く、下あごの腹面と胸の部分だけが白い。

食味

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

きれいな白身魚だが、身は少し水っぽくて軟らかい。食べるものによって少し磯臭いものがいる。春の乗っ込みの時期よりも寒に釣れるものの方が、身が締まってうまい。刺身や塩焼きが定番の料理だが、洗いや椀だね、煮物にしても美味しい。

フィッシュはアプリストアから
無料でダウンロード可能!