一覧へ

キチヌ

  • キチヌ 画像
  • キチヌ 画像
  • キチヌ 画像
  • キチヌ 画像
  • キチヌ 画像
別名: キビレ・キチヌ・ニタリ
科目: スズキ目タイ科

特徴

関西では、ヒレが黄色いところからキビレと呼ばれている。クロダイよりも汽水を好むらしく川の河口に多い。もともと南方系の魚なので、黒潮の影響がある南日本に多く、分布域は本州中部以南の西太平洋からインド洋にかけて。ただし、琉球列島には生息していない。沖縄にはキチヌとよく似たオキナワキチヌが生息しており、現地ではチンシラーと呼んでいる。チンはクロダイのこと、シラーは白っぽいという意味で、直訳すると白いクロダイということになる。

形態

クロダイに比べて体が少し白っぽく、キチヌという呼び名のとおり腹ビレと臀ビレ、尾ビレの下の部分が黄色いのが特徴だ。クロダイよりも鱗が荒く、側線から上の鱗の枚数が3.5枚と少ない。

食味

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

クロダイよりも美味しいといわれ、高知県ではクロダイよりも珍重する。刺身や塩焼きが定番料理。

フィッシュはアプリストアから
無料でダウンロード可能!