一覧へ

アマゴ

  • アマゴ 画像
  • アマゴ 画像
  • アマゴ 画像
  • アマゴ 画像
  • アマゴ 画像
別名: アマゴ・サツキマス・アメゴ・サツキ
科目: サケ目サケ科

特徴

天然のアマゴは四国や九州の太平洋側の河川でしか見られないはずだが、近年では遊漁目的での放流によって分布が広がり、問題になっている。曇天や、雨が降っている時によく釣れるためアマゴ(雨魚)という名前がつけられた。

形態

体側には、小判上の斑紋模様(パーマーク)があり、朱色の斑点も見られる。降海型はサツキマスと呼ばれ、50cm程度まで成長する。サクラマスと違い、大きく成長後もパーマークは残る。また成長後は口先が曲がる。

食味

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印

味は渓流魚の中でも1位2位を争う美味しさで、塩焼きが最もポピュラー。内臓は食べられないため家で食べる場合は取り除いてから焼くと良い。そのまま姿焼きにしても非常に美味。

フィッシュはアプリストアから
無料でダウンロード可能!