一覧へ

ヤマメ

  • ヤマメ 画像
  • ヤマメ 画像
  • ヤマメ 画像
  • ヤマメ 画像
  • ヤマメ 画像
別名: ヤマメ・ヤマベ
科目: サケ目サケ科

特徴

北海道やから九州までので冷水域に生息し、2年で約20cmに成長する。海に出た降海型のヤマメはサクラマスと呼ばれ、70cmにまで成長する。北海道のヤマメの多くは降海しサクラマスになるが、他の地域では河川にとどまるヤマメの方が多い傾向にある。ヤマメとアマゴやイワナは、好む水温が違うため住み分けられてきたが、近年交配が進んでいるのも問題の一つになってきている。カワサバは、イワナとヤマメの交雑種で、体側の模様がサバのような模様のため「カワサバ」と呼ばれている。

形態

体側には、小判上の斑紋模様(パーマーク)がある。アマゴに有るような朱点がなく、体側のパーマークも成長に伴って薄くなる。20~30cmにまで成長する。

食味

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印

そのまま姿焼きにしても、内臓を取り除いて唐揚げにしても非常に美味。癖のない魚なので、どんな料理にしても美味しい。養殖の個体なら刺身でも食べることが可能で、刺身は非常に美味。また、卵は金色に輝くイクラでこちらも美味しい。「黄金イクラ」と呼ばれることも有る。

フィッシュはアプリストアから
無料でダウンロード可能!