一覧へ

アカクラゲ 刺毒

  • アカクラゲ 画像
  • アカクラゲ 画像
  • アカクラゲ 画像
  • アカクラゲ 画像
  • アカクラゲ 画像
別名:
科目: ミズクラゲ目オキクラゲ科

特徴

日本近海に昔から生息するクラゲで、釣りの餌として利用されることも有る。毒性の強い毒針を持ち、小魚などをその触手で捕まえて捕食する。クラゲが死んでもその毒性はなくなら無いので、海岸などに打ち上げられている死んだアカクラゲにも注意が必要。刺されると痛いが一度で死ぬことはない。何度も刺されることでアレルギー反応をおこし、アナフィラキシーショックを起こす危険性が有る。

形態

赤~茶色をしたクラゲで、放射状の褐色の縞模様が特徴。触手は多くて長く、最大で2メートルの長さになる。長い触手には毒針があり、刺されると非常に痛い。

  • 刺毒
  • 中毒
  • 粘液毒

触手のに毒針を持ち、刺されるとかなり痛い。毒針が乾燥し鼻などに入るとクシャミなどを引き起こす。

食味

  • 星無し
  • 星無し
  • 星無し
  • 星無し
  • 星無し

ふつう食用としない。

フィッシュはアプリストアから
無料でダウンロード可能!