戻る

ブリ

海水

  • ブリ画像
  • ブリ画像
  • ブリ画像
  • ブリ画像
  • ブリ画像
ブリ画像 ブリ画像 ブリ画像 ブリ画像 ブリ画像

ブリ(鰤)

アジの仲間

別名: イナダ・ワラサ・ハマチ・メジロ・ブリ・ツバス・ワカシ・ヤズ・イナワラ・サンパク・ワカナ・フクラギ・マルゴ・ワカナゴ・ガンド・アブコ・ハナジロ・ラギ・ツバイソ・モジャコ・コズクラ・アオッコ・アブゴ
科目: スズキ目アジ科

ブリの特徴

成長するにつれて呼び名が変わる出世魚のひとつ。関東ではワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ、関西ではツバス→ハマチ→メジロ→ブリとなる。日本近海にいるアジ科ブリ属の魚は、ブリ、ヒラマサ、カンパチ、ヒレナガカンパチの4種。ヒラマサやカンパチ、ヒレナガカンパチは広く世界に分布しているが、ブリだけが日本近海にしかすまない。春は日本列島に沿って北上し、秋には南下してくる季節回遊魚。琉球列島を除く日本各地に生息しているが養殖も盛ん。釣り堀ではマダイと並ぶメーン魚種である。

Wikipedia

ブリは、スズキ目アジ科に分類される海水魚の一種。北西太平洋に生息する回遊性の大型肉食魚である。日本では重要な食用魚であり、各地の文化や産業に深く関わる。 成魚は最大で全長150cm・体重40kgの記録があるが、通常は全長1m・体重8kg程度までである。体は前後に細長い紡錘形で、あまり側扁しない。背は暗青色、腹は銀白色で、その境の体側には黄色の縦帯がある。体表には細かい鱗があり、側線鱗数は210-220枚に達する。鰭条は第一背鰭5棘、第二背鰭1棘29-36軟条、臀鰭2遊離棘17-22軟条である。全長30cm程度までの若魚は第一背鰭の棘条が6本だが、成長すると5本になる。 同属種のヒラマサ S. lalandi とよく似ているが、ブリは上顎上後端が角張ること、胸鰭は腹鰭より長いかほぼ同長であること、体はあまり側扁しないこと、黄色の縦帯はやや不明瞭なことで区別できる。またブリは北西太平洋のみに分布するので、他地域ではヒラマサのみになり混乱は起こりにくい。またヒラマサの旬は夏である。 ブリとヒラマサはまれに交配することがあり、ブリマサまたはヒラブリと呼ばれる個体が水揚げされることがある。 これも同属種のカンパチ S. dumerili、ヒレナガカンパチ S. rivoliana は、目の上に黒い斜めの帯模様があること、体がよく側扁し体高が高いことで区別できる。 南は東シナ海、北はカムチャツカ半島、東はハワイまでの北西太平洋に分布する。主な生息域は日本海南部と北海道南部-九州の太平洋岸である。 通常は群れを作り、やや沖合いの水深100m程度の中層・底層を遊泳する。泳ぐスピードは時速40キロメートルほど[11]。季節によって生息海域を変える回遊魚でもあり、春から夏には沿岸域に寄って北上し、初冬から春には沖合いを南下する。但し温暖な南方海域では回遊せずにいわゆる「瀬付き」になるものもいる。性質は臆病で、驚くと群れごと深みに逃げこむ。食性は肉食で、主に小魚を捕食するが、甲殻類や頭足類も捕食する。 標準和名「ブリ」については、江戸時代の本草学者である貝原益軒が「脂多き魚なり、脂の上を略する」と語っており、「アブラ」が「ブラ」へ、さらに転訛し「ブリ」となったという説がある。漢字「鰤」は「『師走』(12月)に脂が乗って旨くなる魚だから」、または「『師』は大魚であることを表すため」等の説がある[12]。 他にも身が赤くて「ブリブリ」しているからといった説がある。 また大きさによって呼び名が変わる出世魚でもある。日本各地での地方名と併せて様々な呼び方をされる[7][9]。 ・関東 - モジャコ(稚魚)→ワカシ(35cm以下)→イナダ(35-60cm)→ワラサ(60-80cm)→ブリ(80cm以上) ・北陸 - コゾクラ、コズクラ、ツバイソ(35cm以下)→フクラギ(35-60cm)→ガンド、ガンドブリ(60-80cm)→ブリ(80cm以上) ・関西 - モジャコ(稚魚)→ワカナ(兵庫県瀬戸内海側)→ツバス、ヤズ(40cm以下)→ハマチ(40-60cm)→メジロ(60-80cm)→ブリ(80cm以上) ・南四国 - モジャコ(稚魚)→ワカナゴ(35cm以下)→ハマチ(30-40cm)→メジロ(40-60cm)→オオイオ(60-70cm)→スズイナ(70-80cm)→ブリ(80cm以上) 80cm 以上のものは関東・関西とも「ブリ」と呼ぶ。または80cm以下でも8kg以上(関西では6kg以上)のものをブリと呼ぶ場合もある。和歌山県は関西圏だが関東名で呼ぶことが多い。流通過程では、大きさに関わらず養殖ものをハマチ(?)、天然ものをブリと呼んで区別する場合もある。 旬は産卵期前で脂が乗る冬とされており、日本ではこの時期のブリを特に「寒ブリ」と呼ぶ。寒ブリは同属種のカンパチやヒラマサよりも脂肪が多く、独特の風味がある。但し産卵後の春には脂肪量が減少する。 料理法は幅広く、刺身、カルパッチョ、たたき、寿司、ブリシャブ(しゃぶしゃぶ)、味噌漬け、焼き魚(照り焼き、塩焼き)、煮魚(ぶり大根)等で食べられる。出世魚で縁起が良いこともあり、西日本では御節料理に欠かせない食材とされ(東日本では主にサケを使用する)、福岡県では雑煮の具としても用いられている。また、特に富山県や石川県では、かぶら寿司の食材として使用されることもある[6][7][8][9][18]。 刺身として食べる際、高知県では一般的にぬたという酢味噌(タレ)を付けて食べる。 富山県から関西地方では、年末年始に食べる文化がある(年取り魚)。富山県の西部(呉西)、特に新湊や氷見を中心に娘が嫁いだ初めての年末に婚家に寒ブリ一本を歳暮として贈る風習がある。九州の北部の地域などでは、逆に嫁ぎ先の家から嫁の実家へブリを贈るという習わしがあり、これは「嫁ぶりがいい」ということで、お嫁さんの頑張りを実家へ伝える意味がある。[19] 新巻鮭と同様に加工する塩ブリ[20]もあり、「鰤街道」を通って高山から松本など内陸部に正月の魚として運ばれた。 魚介類扱う定食屋、居酒屋などでは、鰤のアラの内で鰓蓋から胸びれまでの部分である鎌(カマ)を、鰤鎌といって汁物、煮物、焼き物にして出すことがある。

ブリの見た目の特徴・見分け方

外見はヒラマサに似ているが、体はあまり扁平せず紡錘形に近い。胸ビレと腹ビレの長さがほぼ同じで、頭から尾ビレの付け根まで黄色の縞が走る。

ブリの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印

冬の荒海で漁獲される寒ブリがもっとも美味しいとされる。ブリの本場、富山県では塩漬けブリや、かぶらずしにされるが、新鮮なものは刺身や、しゃぶしゃぶもおいしい。照り焼き、あら煮、ブリ大根などの料理もある。

ブリのレシピ動画

ブリのさばき方
ブリ 煮付け

ブリの生態域・分布

南日本・北日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海

ブリの釣り方

釣り船・磯・防波堤・海釣り公園・釣り堀・筏・カセ・ボート・ソルトウォータールアーフィッシング

ブリの釣り場

外洋・沖合・内湾・砂地・岩礁・防波堤

ブリの動画

Instagramでのブリの投稿

Twitterでのブリの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!