戻る

アブラボウズ 刺毒 中毒 粘液毒 危険!

海水

  • アブラボウズ画像
  • アブラボウズ画像
  • アブラボウズ画像
  • アブラボウズ画像
アブラボウズ画像 アブラボウズ画像 アブラボウズ画像 アブラボウズ画像

アブラボウズ(脂坊主)

別名: アブラボウズ・アブラボーズ・クロイオ・オシツケ
科目: スズキ目ギンダラ科

アブラボウズの特徴

水深400m程度の岩場に生息する深海魚で、個体によっては1000mに達する場所で生息するものもいる。深海に住むが、浮き袋を持たない。その代わりに、体内のワックス(多量の油分)を蓄えており、名前の由来にもなっている。

アブラボウズの見た目の特徴・見分け方

最大で180センチ超まで成長する大型種で、若いうちは体表に白い斑点を持つ。成熟すると斑点は消えて、濃い灰色の魚体になる。外見はクエに似ている。

アブラボウズの毒・危険な部位

  • 刺毒
  • 中毒
  • 粘液毒
  • 危険!

非常に脂肪分が多い身のため、食べ過ぎると体質によっては消化しきれずお腹をこわす恐れがある。

アブラボウズの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

寒い海にしか生息しないため、水揚げ量は少なく好んで食べる地域は限定的だが、油が多く乗っており非常に美味で全身トロと言われる。身や骨は柔らかく、調理はしやすい。身は油は多いが癖がない。同じ深海魚のアブラソコムツやバラムツは、人間には消化できないワックスを保有しているため商用にはならないが、アブラボウズは良質の油のため市場に流通する。ギンダラの近縁で、味も似ており、煮付けにしても焼いても美味しい。食べすぎると油が多いのでお腹をこわす恐れがあるため、美味しいからと言って大量に食べるのはおすすめできない。

アブラボウズの生態域・分布

北日本・オホーツク海

アブラボウズの釣種

釣り船

アブラボウズの釣場

深海

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!