戻る

ヤナギノマイ

海水

  • ヤナギノマイ画像
  • ヤナギノマイ画像
  • ヤナギノマイ画像
ヤナギノマイ画像 ヤナギノマイ画像 ヤナギノマイ画像

ヤナギノマイ

メバルの仲間

別名: ヤナギノマイ
科目: スズキ目メバル科

ヤナギノマイの特徴

北海道から新潟までの日本海沿岸、北海道から岩手県までの太平沿岸、その他にも鳥取県や、能登半島、神奈川県などで確認されている。温帯の海域に棲むメバル属の仲間で比較的浅瀬の砂地や岩礁帯の低層を好んで棲む。メバル属同様に卵胎生で群れを作って行動し、イカ類やアミ類、魚類などを捕食する肉食性の魚である。4月~7月に産仔する。比較的名を知られている魚ではあるが、天然海域の成長過程や寿命などについてはあまり知られていない。北海道の沖釣りでは一般的なターゲットで、沖五目船でよく船が出ている。ルアー釣りでは、小さめの魚ながら、引きがとても強いため、釣り人からは人気が高い。本種のみを目的とした漁は無いが、底曳網漁などの際に交じり、市場に流通する。北海道ではよく水揚げされるため、安価で取引される。

Wikipedia

ヤナギノマイはスズキ目メバル科メバル属に属する魚類である。[2]学名は1880年にフランツ・ヒルゲンドルフによって命名された。 温帯に棲む海水魚で、棲息深度が16から300m,体長は大きいものだと37cmにまでなる。砂泥底の水域に棲息し、群れを成して生活する。他のメバル属と同様に卵胎生であるが、詳しい習性等は不明。目が張っている。頭部は端位。第1棘条は13棘、軟条は13~15軟条。尾鰭は湾入形で後縁に少し凹みがある。縁のない白抜き斑模様がある。生息域により、赤みがかった個体と茶色みがかった個体がいる。北西太平洋の日本北部、日本海(大陸側はピョートル大帝湾から、日本側は佐渡島から間宮海峡にかけて)、オホーツク海(北海道沿岸から南千島)にかけての海域に棲息する。 食用魚であるが、他の底生魚の漁獲時に混獲される所謂外道で、本種のみを目的とした漁は稀である。

ヤナギノマイの見た目の特徴・見分け方

体色は個体差が激しいが赤褐色や茶褐色に近く、体側には形の定まっていない不明瞭な暗色斑紋がある。側線が目立つのが特徴的で、背ビレの棘の本数は13本で、頭には棘を持たない。また、涙骨の棘は目立たず、下顎にはウロコがない箇所がある。体形はやや細長い形をしており、尾ビレの後縁部分が少しへこんでいる。側線有孔鱗数が30枚前後なので、その点でエゾメバルやヤナギメバルと区別できる。体長は30cmほどまで成長する。

ヤナギノマイの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

冬の時期は旬で、透明感のある白身の魚で、クセはなく血合いは薄い。鮮度の落ちるスピードが早いので刺し身で食べることは釣り人の特権である。刺し身で食べる際は、釣り上げてすぐに活け締めにする。すると身が適度に締まり、血合いが弱ため見た目も綺麗で味わいが深い。その他は主に煮付けや焼き物が向いている。唐揚げにしても鱗や皮などが香ばしく、身にほんのり甘みがあり、お酒によく合う一品に。また、汁物にしても、出汁がよく出て美味しい。

ヤナギノマイのレシピ動画

ヤナギノマイの握り寿司
ヤナギノマイ 煮付け

ヤナギノマイの生態域・分布

北日本・日本海・オホーツク海

ヤナギノマイの釣り方

釣り船・磯・防波堤

ヤナギノマイの釣り場

沖合・内湾・砂地・岩礁

ヤナギノマイの動画

Instagramでのヤナギノマイの投稿

この投稿をInstagramで見る

【Dried Fish Challenge vol.6】 “Yanaginomai”(Yellow body rockfish) from Hakodate, Hokkaido. Dried her! TASTES GOOD!!! 北海道函館産ヤナギノマイ 北海道にいたとき釣ったことなく知らなかったが、道内各地(特に日本海側)でよくとれるらしい*1 まとまってとれるも、鮮度落ちで身質が柔らかくなりやすく、さらにマホッケやマダラなどに加工屋の人手を奪われてしまうためか相場の下支えもなく相場はかなり安くなりがち そういうこともあり、 「漁獲対象にはされない。」などと日本のサイトでも、果てはロシアのサイト*2でもかかれる癖に結局網にかかりたくさんとられてしまう可哀想な魚 しかーーーし!!! 加熱しても固くならぬその身は、 煮て良し、焼いて良し、水気抜けばなお良し つまり「干物」にぴったりな魚なのだ! ということで、3枚おろしにしたあとDFC(Dried Fish Challenge)としてピチッと干物にした ホロリと身離れよく、脂がジワっと出てきて魚のウマ味あってうまい その旨味にはマホッケでも感じる北の根魚?特有の風味を感じる なんの成分なんだろか… さらに今回のDFCは裏テーマで、 「干物の新しい提供方法」も模索 「干物の姿造り」を作ってみました 別焼きした頭付きのアラに一口カットした干物を並べるだけ笑 ちょっと雑ですみません ただ単に半身ずつ焼いて出すより豪華な1品になったんじゃないかと思う あと柚子皮を少し散らしたのも、妻の反応が良くやって正解だった こんなヤナギノマイですが、とある論文*3によるとロシアにいるキタオットセイがもりもり食べてるらしい 人間様も負けずにむしゃむしゃ、漁師にお金をオットセイ〜〜笑 #参考資料 *1北海道庁水産林務部のHP http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/ske/osazu/oz01fis/fis031.htm *2ロシアの国立海洋生物学センター?のHP http://museumimb.ru/vid74.html *3キタオットセイ(ロシア繁殖群)についての論文 https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/60507/1/Takanori_Horimoto_summary.pdf #hey_fish #DFC #driedfishchallenge #driedfish #干物 #ヤナギノマイ #yellowrockfish #rockfish

Kanihey(@kanihey55)がシェアした投稿 -

Twitterでのヤナギノマイの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!