戻る

ギス

海水

  • ギス画像
  • ギス画像
ギス画像 ギス画像

ギス(義須)

ソトイワシの仲間

別名: オキギス・ギス・ダボギス
科目: ソトイワシ目ギス科

ギスの特徴

北海道~千葉県外房の太平洋沿岸や、東京湾口、土佐湾、九州南岸など、様々な場所に分布している。水深200メートル以下の深海に生息し、岩礁域を好む。レプトセファルス期のある魚で、仔魚のときは柳の葉形で半透明であり、形状を変えて稚魚になる。ヌルっとした粘液を仕掛けにつけるので嫌がられるが、相模湾などではアコウダイ釣りの際に外道として釣れたり、底曳き網で漁獲されることがある。水深300mよりも深いところでサバの短冊などをエサにすると釣れる。鮮度の落ちるスピードが早いため、鮮魚として市場に出回ることは少なく、値段も安い。主に加工品の原料として扱われている。

Wikipedia

ギス(義須、学名:Pterothrissus gissu)はソトイワシ目ソトイワシ科に属する魚類の一種。 日本から中国・ロシアの近海にかけて分布し[1]、水深200~1,000mの深海に生息する[2]。全長50cm程度にまで成長する[1]。スズキ目のキスに似ているが全く別の魚である。 背鰭と臀鰭はそれぞれ56-65本、12本の軟条で構成される[1]。同じカライワシ上目に所属するウナギやアナゴなどと同様に、卵から孵化後は透明な体をもつ特徴的な仔魚、レプトケファルスを経て成長する。 身は蒲鉾の原料に用いられる。

ギスの見た目の特徴・見分け方

体長は大きいもので60cmにまでなり、体形は細長い。スズキ目のキスに似ているが、全く別の種。触ると全体が柔らかいのが特徴。背ビレの基底が長く、軟条の数も多い。鮮度が悪いものは目が赤くなったりみが柔らかくなる。体表は剥がれやすい鱗で覆われており、鱗を剥ぐと土色の肌になる。ヌルっとした粘液を出している。

ギスの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

小骨が多く、水分も多い白身で、癖がなく旨味がある。鮮度が落ちやすいため、市場に出回ることはほぼ無い。骨が無数に入っているが柔らかいため、ほとんどがすり身にして食べるられている。すり身にしてもギスの身には脂も乗っているため、旨味を感じられる。さつま揚げのように、すり身にした上で揚げると非常に美味しい。アラを昆布出汁と一緒に煮出し、味噌を入れて味噌汁にしても美味。神奈川県の高級な蒲鉾はギスの身から作られている。干物にしても良い。

ギスのレシピ動画

ギスのさばき方
ギスの煮付けの作り方

ギスの生態域・分布

北日本・日本海・オホーツク海

ギスの釣り方

釣り船

ギスの釣り場

深海

Twitterでのギスの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!