戻る

オニオコゼ 刺毒 中毒 粘液毒

海水

  • オニオコゼ画像
オニオコゼ画像

オニオコゼ(鬼虎魚)

カサゴの仲間

別名: オコゼ・オニオコゼ・オコジ・ツチオコゼ・アカオコゼ
科目: カサゴ目オニオコゼ科

オニオコゼの特徴

背ビレの棘に猛毒があるので要注意。南日本の内湾から水深200mの砂泥底にすむ。昼間は砂に潜り、主として夜間に活動、小魚等を捕食する。イワシなどの生きエサを使う釣りにしばしば掛かる。サイズは20~25cm。

Wikipedia

オニオコゼは、カサゴ目フサカサゴ科[1](あるいはオニオコゼ科[2][3])に属する魚類の一種。単にオコゼとも呼ばれる[2]。 体色は褐色系が多いが、色彩変異に富む。口は上向きにつく。体表は他のカサゴ類と同様にいぼ状・房状の突起が発達し、皮膚が剥がれているようにも見える。体長は20cm程度であることが多いが、最大では全長29cmに達する[3]。 背鰭の棘条に毒腺を備え、刺されると激しく痛む[2]。背鰭の鰭条は16-18本の棘条と、5-8本の軟条で構成される[2]。背鰭の軟条の形態、鰭膜の切れ込みの形状から近縁のセトオニオコゼ・ヒメオニオコゼと鑑別される[2]。食用になり、刺身・唐揚げ・吸い物などに利用される[2]。非常に美味であるとともに可食部が少ないことから、一般に高級魚として扱われる。 最近は個体数が減っており、香川県等では養殖も行われている。

オニオコゼの見た目の特徴・見分け方

体色は黒色、茶色、赤色、黄色など変異が大きい。背ビレ棘間のの鰭膜が短く棘の半分ぐらいで止まる。胸ビレの下部に2本の遊離軟条があり、これらを使って海底を這う。

オニオコゼの毒・危険な部位

  • 刺毒
  • 中毒
  • 粘液毒
  • 危険!

背ビレ棘に毒があり刺されると非常に痛む。

オニオコゼの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印

可食部が少ないが非常に味がよい高級食用魚。薄造り、ちり鍋、唐揚げ、みそ汁などさまざまに調理される。

オニオコゼのレシピ動画

オニオコゼ唐揚げ・刺し身
オニオコゼの姿造り

オニオコゼの生態域・分布

南日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海 ・琉球列島

オニオコゼの釣種

釣り船・筏・カセ・ボート

オニオコゼの釣場

内湾・砂地

オニオコゼの動画

Instagramでのオニオコゼの投稿

Twitterでのオニオコゼの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!