戻る

ニザダイ

海水

  • ニザダイ画像
  • ニザダイ画像
  • ニザダイ画像
ニザダイ画像 ニザダイ画像 ニザダイ画像

ニザダイ(仁座鯛)

スズキの仲間

別名: サンノジ・ニザダイ・サンコ・サンコウ
科目: スズキ目ニザダイ科

ニザダイの特徴

宮城県松島湾以南に分布。外洋に面した岩礁域にすみ、ときに大群を作る。尾柄部の骨質板は硬く鋭いので扱いは要注意。この骨質板を囲む黒色斑のうち三つよく目立つことから「サンノジ」と呼ばれる。磯上物釣りではおなじみの外道。パワフルで釣り味はよいが、磯臭さが強く食味がよくないので嫌われる。全長60cmに達する。

Wikipedia

ニザダイ(仁座鯛、学名:Prionurus scalprum )は、スズキ目・ニザダイ科に分類される魚の一種。東アジア沿岸の暖海域に生息する。尾柄にある鋭い骨質板のため取扱いに注意が必要だが、食用にもなる。日本での地方名は多く、バイオリン(石川)、クサンボウ(千葉)、サンノジ、サンノジダイ(関東 - 紀伊・四国)、ニザハゲ(三重)、サンコ、ゼニモチハゲ(和歌山)、クロハゲ(関西・四国)、カッパハゲ(大阪)、オキハゲ(広島)、コームキ(長崎)、カワハギ(鹿児島)などがある。成魚の全長は40cmほどだが、50cmを超えるものもいる。体は広葉樹の葉のような形でよく側扁し、皮膚は小さな鱗で覆われる。短い吻が前方に突き出し、その先端に小さな口がある。若魚は成魚に比べて体高が高く、尾鰭が白い。体形はカワハギ類に似ており、実際にその名で呼ぶ地方もあるが、カワハギはフグ目で分類が異なる。また鰭の形状も異なる。新潟・宮城以南の日本から台湾、および朝鮮半島南部の沿岸域に分布する。ニザダイ科としては最も高緯度に分布している種類でもある。沿岸や瀬の岩礁域に生息し、成魚は水深10m前後で群れを作る。主に石灰藻を食べるが、甲殻類や多毛類なども捕食する。釣り、定置網、刺し網などの沿岸漁業で漁獲されるが、本種を狙って漁獲することはまずなく、市場に流通することもほとんどない。メジナ釣りなどの際に外道として釣れることが多い。掛かった際の引きは強いが、頭を振って竿が震えるためメジナなどと区別できる。身は磯臭いが、新鮮なうちに内臓を傷つけずに除去し、血抜きをするとよい。また、冬には臭みが薄れる。刺身・洗いなどで食べられる。

ニザダイの見た目の特徴・見分け方

体は平たく体高が高い。吻はとがる。体色は茶~焦げ茶色。尾柄部に4個の黒色斑で囲まれた骨質板がある。体表は細かい鱗におおわれる。

ニザダイの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星無し
  • 星無し
  • 星無し
  • 星無し

磯臭さが強い。ていねいな内臓の処理と血抜きが必要。釣れる場所によって臭みの薄いものがおり、刺身や焼き物で食される。寒期は比較的臭みが薄い。

ニザダイのレシピ動画

ニザダイのパスタ
ニザダイのお刺身

ニザダイの生態域・分布

南日本・日本海・東シナ海 ・琉球列島

ニザダイの釣り方

釣り船・磯

ニザダイの釣り場

沖合・内湾・岩礁

ニザダイの動画

Instagramでのニザダイの投稿

Twitterでのニザダイの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!