戻る

ソウシハギ 刺毒 中毒 粘液毒

海水

  • ソウシハギ画像
  • ソウシハギ画像
  • ソウシハギ画像
  • ソウシハギ画像
ソウシハギ画像 ソウシハギ画像 ソウシハギ画像 ソウシハギ画像

ソウシハギ(草紙剥)

別名: ソウシハギ・ソーシハギ・ソウシハゲ
科目: フグ目カワハギ科

ソウシハギの特徴

相模湾以南に見られる。全世界の熱帯海域にすむ。幼魚は流れ藻につく。日本産のものは40~60cmでウスバハギの方が大きいが、外国では1mの記録がある。沖縄で本種を食べた豚の死亡例があるので要注意。

ソウシハギの見た目の特徴・見分け方

体は平たく長い。体色は灰~茶色。頭部と体側に多くの青色波状線と小黒点が散らばる。尾ビレは長く大きい。

ソウシハギの毒・危険な部位

  • 刺毒
  • 中毒
  • 粘液毒
  • 危険!

内臓からパリトキシンが検出されている。

ソウシハギの食べ方・食味レビュー

  • 星無し
  • 星無し
  • 星無し
  • 星無し
  • 星無し

ソウシハギの生態域・分布

南日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海 ・琉球列島

ソウシハギの釣種

釣り船・磯・ボート

ソウシハギの釣場

沖合・内湾・岩礁・防波堤

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!