戻る

ヒメジ

海水

  • ヒメジ画像
  • ヒメジ画像
ヒメジ画像 ヒメジ画像

ヒメジ(比売知)

ヒメジの仲間

別名: ヒメジ・ベニサシ
科目: スズキ目ヒメジ科

ヒメジの特徴

北海道南部以南の各地沿岸ぼ砂泥底に見られる。ヒメジ科魚類は下あごに1対の長いひげを持っているのが特徴で、このひげには味蕾を備える。海底に接触させてエサ動物を探すのに役立っている。10~15cmの小型魚だが味がよく、産地で喜ばれる。

Wikipedia

ヒメジ(比売知、学名:Upeneus japonicus)は、スズキ目ヒメジ科に分類される海水魚の一種。東アジア沿岸の浅い海に生息する海水魚で、日本では食用に漁獲される。 成魚は全長20cmほど。体は前後に細長く、側扁する。体は淡赤色だが、濃色の横帯や斑が出ることもある。特に休息時や夜は昼間と色彩が異なる。尾鰭の上半分に2-4本の赤帯があり、二つの背鰭にも3-4本の赤い縦帯がある。下顎の下面には黄色の「あごひげ」が2本ある。口には細かい歯があるが、顎だけでなく前鋤骨と口蓋骨にもある。 日本の北海道南部以南、大陸側は沿海地方キエフカ(ロシア語版)以南、朝鮮半島や台湾にかけての暖海域に分布し、水深数m-100mほどの、礫や貝殻が混じった砂底に生息する。 海底からはほとんど離れず、あごひげで砂底を探りながら泳ぐ。このあごひげは感覚器になっていて、砂の中に潜む小動物を探し当てることができる。主に端脚類、エビなどの小型甲殻類を捕食する。 産卵期は夏で、全長数cmほどの稚魚は夏から秋にかけて海水浴場に出現することもある。冬は深場に移る。 「オキノジョロウ」(富山県)、「オキノジョウ」(新潟県)、「ヒメ」(東京都・広島県)、「アカイオ」(福井県・三重県)、「アカムツ」(三重県)、「ヒメイチ」(関西・中国地方や四国)、「ハナジャコ」「ヒメジャコ」(和歌山県)、「イトヨリ」「キンタロウ」(岡山県や山口県北部)、「ベニサシ」「ベンサシ」(山口県-九州北部)、「キシノメンドリ」(鹿児島県)、「カタカシ」「ジンバー」(沖縄県)など。 小型魚だが外見が色鮮やかで、食用にもなることから日本各地でよく知られ、赤い体色などから呼ばれる様々な地方名がある。標準和名「ヒメジ」は、神奈川県の三崎や国府津での呼び名に因む。 学名はシーボルトらの『日本動物誌』によって Mullus bensasi が記載され、属が変わった Upeneus bensasi が以後長く用いられた。しかしランドールら(1993年)によって、それ以前に記載されていた U. japonicus(記載当初はM. japonicus)が正しいとの見解が示された。なお種小名"bensasi"はシーボルトの赴任先である長崎での地方名「ベンサシ」に因んでいる。 小骨が多いため市場にはあまり流通しないが、日本産ヒメジ類ではまとまった漁獲がある唯一の種類である。主に底引き網で漁獲されるが、シロギスやマハゼなどを狙った沿岸の釣りで漁獲されることもある。 動物性の餌を食べているため、身は脂肪分の少ない白身でありながら食味は濃い。旬は冬とされている。唐揚げ、南蛮漬け、塩焼き、煮付けなどで食べられる。また、高級な魚肉練り製品の原料としても用いられる。 「金太郎」と呼び食べる習慣がある山口県萩市では、道の駅萩しーまーとの発案で観光客誘致などに活用している。道の駅や飲食店で刺身や寿司、塩焼きなどを提供しているほか、後述のルージェ(ルージュ)というオイル漬けを地元で生産している[1]。 フランス料理ではルージェ(fr:Rouget)と呼ばれ、魚料理の代表的な食材とされる[2]。

ヒメジの見た目の特徴・見分け方

体は細長い。体色は白っぽい地色に不定形の暗色斑があるが、それが広がって全身赤っぽくなるものもいる。下あごのひげが黄色い。

ヒメジの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

小魚だが味がよい。煮付け、椀だね、天ぷらなどに利用される。赤い色がめでたいと祝い膳に使う地方もある。

ヒメジの生態域・分布

南日本・北日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海 ・琉球列島

ヒメジの釣り方

釣り船・投げ・ボート

ヒメジの釣り場

内湾・砂地

ヒメジの動画

Twitterでのヒメジの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!