戻る

タケノコメバル

海水

  • タケノコメバル画像
  • タケノコメバル画像
  • タケノコメバル画像
  • タケノコメバル画像
  • タケノコメバル画像
タケノコメバル画像 タケノコメバル画像 タケノコメバル画像 タケノコメバル画像 タケノコメバル画像

タケノコメバル(筍眼張)

別名: ベッコウゾイ・タケノコメバル・ハチメ・ベッコーゾイ・ガクメバル
科目: スズキ目メバル科

タケノコメバルの特徴

北海道南部から九州まで日本各地の浅海の岩礁域にすむ。甲殻類、魚類、多毛類を食べる。防波堤周り、テトラなどにもよくつき、餌釣りのほかルアーでも好ターゲットになっている。最大45cm級になる。

タケノコメバルの見た目の特徴・見分け方

体色は茶褐色。若魚は黄色っぽい。吻から眼を通り鰓蓋に達する暗色斑があるほか、各ヒレに黒色斑がある。

タケノコメバルの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

刺身でおいしい。煮付け、塩焼きなどもいける。

タケノコメバルの生態域・分布

南日本・北日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海

タケノコメバルの釣り方

防波堤・ソルトウォータールアーフィッシング

タケノコメバルの釣り場

内湾・岩礁・防波堤

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!