戻る

ハガツオ

海水

  • ハガツオ画像
  • ハガツオ画像
  • ハガツオ画像
  • ハガツオ画像
ハガツオ画像 ハガツオ画像 ハガツオ画像 ハガツオ画像

ハガツオ(歯鰹)

サバの仲間

別名: ハガツオ・ハカツオ・キツネガツオ・ホウサン・キツネカツオ・サバカツオ・サバガツオ
科目: スズキ目サバ科

ハガツオの特徴

太平洋の温帯から熱帯域に広く分布する。日本では東北地方以南の太平洋岸に多く、琉球列島にも分布する。また、他のカツオ類と違って体全体が鱗で覆われているのも特徴。

Wikipedia

ハガツオ(歯鰹、英: Bonito、学名 Sarda orientalis)は、スズキ目・サバ科に分類される魚の一種。 和名通りカツオに似た大型肉食魚で、食用にもなる。地方名はキツネ、キツネガツオ(各地)、サバガツオ、シマガツオ、スジガツオ、ホウセンなどがある。 成魚は全長50-60cmほどだが、1mに達する大型個体もいる。下顎は厚くがっしりとしていて、顎には鋭い歯が並ぶ。体色は背中が青く、黒くて細い縦縞が片側に6-7条走る。腹側は銀白色をしている。カツオに似るが、頭部や体型が前後に細長いこと、鋭い歯が目立つこと(標準和名の由来)、背中側に縦縞があり腹側に縞が出ないことで区別できる。 多くの地方名があり、頭部が細長く前に突き出てキツネの顔を思わせることから「キツネ」「キツネガツオ」、体が細長くサバに似ることから「サバガツオ」、背中の縦縞から「シマガツオ」「スジガツオ」といった呼び名がある。 一本釣り、延縄、巻き網、定置網などで漁獲される。ただし日本では一般的に本種を狙って漁獲することはなく、サバ、カツオ、マグロなど他の魚との混獲で水揚げされる。 肉は赤身で軟らかく、味も非常に良い。しかし鮮度落ちが早いため昔の評価はカツオ以下だったが、冷蔵技術の進んだ現在ではカツオより味の評価は高い。ただ傷みが早いので鮮度には注意が必要である。加熱してもカツオほど硬くならず刺身、焼き魚、唐揚げなどいろいろな調理法に対応する。 五島列島では『生節』といって薫製にしてうまみを閉じ込め1ヶ月以上冷蔵庫保存可能なものを古くから作っている。 インド洋の島国モルディブでは、モルディブ・フィッシュ(Maldive fish)と呼ばれる鰹節の一種に加工される。日本の枯節のようなカビ付け工程のない荒節で、スリランカなどでも郷土料理の味つけに用いるが、削って用いるのではなく、袋に入れて棒でたたき割ってから用いる。手間を省くために工場で粗い粒状に粉砕して瓶や袋に入れた製品も市販されている。

ハガツオの見た目の特徴・見分け方

鋭い歯を持っているためハガツオと呼ばれるようになった。また顔が尖っているためキツネガツオとも呼ばれる。体の背の部分に6、7本の黒い縦じまがあるのでわかりやすい。

ハガツオの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

身は少し軟らかく、味も上品。新鮮なら刺身にできるが、鮮度の落ちるのが早いのでなまり節などに利用されることが多い。ホウサンという地方名があるように、鮮度が落ちるとホウ酸のようなにおいがする。

ハガツオのレシピ動画

ハガツオあら煮にんにく風味
ハガツオの竜田揚げ・出汁茶漬けのつくり方

ハガツオの生態域・分布

南日本・北日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海 ・琉球列島

ハガツオの釣り方

釣り船・磯・防波堤・筏・カセ・ボート・ソルトウォータールアーフィッシング

ハガツオの釣り場

外洋・沖合・内湾・砂地・岩礁・防波堤

ハガツオの動画

Twitterでのハガツオの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!