戻る

ネンブツダイ

海水

  • ネンブツダイ画像
  • ネンブツダイ画像
  • ネンブツダイ画像
  • ネンブツダイ画像
  • ネンブツダイ画像
ネンブツダイ画像 ネンブツダイ画像 ネンブツダイ画像 ネンブツダイ画像 ネンブツダイ画像

ネンブツダイ(念仏鯛)

テンジクダイの仲間

別名: ネンブツダイ・ネンブツ
科目: スズキ目テンジクダイ科

ネンブツダイの特徴

本州中部以南に分布。水深100mまでの岩礁域に大群を作る。浅い磯周りにも多く磯上物釣りではマキエに群がって嫌われる。8~10cm。

Wikipedia

ネンブツダイ (念仏鯛、Apogon semilineatus、英: Half-lined cardinal)は、スズキ目スズキ亜目テンジクダイ科に属する魚類。 日本など太平洋北西部を中心に分布する。中心の生息地は日本近海及び朝鮮半島西側沿岸であり、時折沖縄を越えて台湾や中国東南部で観察記録がある。日本国内では、東北地方や北海道の太平洋側や日本海側の能登半島より北にはいない。 沿岸付近に群れており、大きな港や小さな漁港、岩場などに生息する。藻場など海藻が多く生えているところにも多くおり、繁殖期は隠れるところや、縄張りを作りやすいため藻場や岩場、漁港の消波ブロックなど障害物の周りに集まる。主に沿岸付近に生息するが、沿岸で見られるのは、水温が高くなる5月からまだ水温が比較的高い11月までで、低くなる冬場は沖合いの水深10メートル以深のところで群れて生活する。そのため冬場は漁港などで釣れたりすることは比較的ない。近縁種のクロホシイシモチと群れていることがある。 最大全長12.0cm、平均的な全長は8.0cm[1]。体色は綺麗なオレンジや黄色などである。 夜行性である[1]。本種も口内保育いわゆるマウスブルーダー(親魚が受精卵を孵化するまで口にくわえて保護する)である。そのため、夏場繁殖期はペアーで群れからはずれ縄張りを作る。卵の保護は基本的に雄が行う。繁殖後、雌は餌を捕食した後また別の雄とペアーを組み繁殖をする。卵は孵化まで1週間掛かり、その間雄は何も口にしない。雄と雌の見分け方は、繁殖期は雌は腹に卵があると丸い体系をしているが、雄は上唇の先に突起のような物が突き出ており、これで雌雄の区別ができる。 日本で底引き網によって漁獲されるが、テンジクダイ A. lineatus (Indian perch)やマトイシモチ A. carinatus (Ocellate cardinalfish)など一部の種類を除き、食用として利用されることは少ない。昼間は港など穏やかなところで群れながら漂っている。昼間はあまり釣れないが、夜は入れ食いになる場合があり、釣り場を移動しなければならない場合もある。繁殖行動は水が綺麗であれば水中に潜らなくても港内でも観察できる。主に肉食であり、プランクトンや、「ゴカイ類」などのイソメ科生物、小魚、小型甲殻類、オキアミなどのエビ類を捕食する。 近い仲間で、クロホシイシモチ、オオスジイシモチなどがおり、同じように沿岸付近に生息する。釣りでは主に外道として捨てられており、港で弱った個体が浮かんでいるのがしばしば確認できる。美しい体色からか、キンギョとも呼ばれる。基本的に飼育用としても流通していないので釣りをしている時に出会う魚である。テンジクダイ科で観賞用として有名なのはマンジュウイシモチ、キンセンイシモチ、イトヒキテンジクダイなど一部である。

ネンブツダイの見た目の特徴・見分け方

体は平たく体高は高い。体色は赤っぽい。眼を横切る暗色縦帯が鰓蓋後縁で終わる。

ネンブツダイの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

小魚で頭部が大きく身は少ないが味はよい。唐揚げでおいしい。愛媛県南予地方では名物の「じゃこ天」の原料になっている。

ネンブツダイのレシピ動画

ネンブツダイのさばき方
ネンブツダイの唐揚げの作り方

ネンブツダイの生態域・分布

南日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海 ・琉球列島

ネンブツダイの釣り方

磯・防波堤・海釣り公園・ボート

ネンブツダイの釣り場

沖合・内湾・岩礁・防波堤

ネンブツダイの動画

Twitterでのネンブツダイの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!