戻る

ホンソメワケベラ

海水

  • ホンソメワケベラ画像
ホンソメワケベラ画像

ホンソメワケベラ(本染分倍良)

ベラの仲間

別名:
科目: スズキ目ベラ科

ホンソメワケベラの特徴

千葉県以南の南日本に分布する。岩礁周辺に生息する。ホンソメワケベラの群れは、一匹のオスが複数のメスを従えハーレムを形成しているが、オスがいなくなれば、メスのうち一匹が性転換しオスとなる。他の魚を掃除する「クリーナーフィッシュ」の代表的な魚。上下に飛び跳ねるような独特な泳ぎ方で、掃除をおこなう魚に腹鰭を寄り添わせて近づいていく。他の魚の体面の寄生虫及び、えらや口の中の食べかすなども掃除をし、綺麗にする。ホンソメワケベラは肉食魚や巨大魚であっても食べられることはない。

Wikipedia

ホンソメワケベラ(本染分倍良、学名:Labroides dimidiatus)は、スズキ目・ベラ科・カンムリベラ亜科に属する魚の一種。白地に黒帯の特徴的な体色と、他の魚を「掃除」する行動が知られる。元々は「ホソソメワケベラ」であったが、読み違いにより「ホンソメワケベラ」となったというエピソードがある[1]。 太平洋とインド洋の熱帯・亜熱帯の海に分布し、日本でも房総半島以南の南日本に分布しているが、夏には暖流に乗って北上した個体が東北地方や北陸地方の海岸でも見られる。ただしこれらの個体は、冬には低温のため大部分が死んでしまう"死滅回遊魚"と考えられている。 掃除してもらう魚は、チョウチョウウオ、ヒメジ類などの小型魚からギンガメアジなどのアジ類、クエ、マハタ、ユカタハタなどの大型ハタ類まで、サンゴ礁にすむ魚のほとんどを占める。

ホンソメワケベラの見た目の特徴・見分け方

体は体高が低く、長さ11cmほど。背と腹部分は白く、目を通るようにして側面に尾びれまで一本の黒帯が走る。体の後方になるほど黒帯部分は太くなる。尾びれの上下の縁は青白い。臀鰭と背鰭の内側にも黒い線が入っている。よく似た形態をも魚としてニセクロスジギンポがいるが、ホンソメワケベラとは口の位置が異なる。ホンソメワケベラは先端に口があり、ニセクロスジギンポは先端よりも下側に口があることで見分けられる。

ホンソメワケベラの食べ方・食味レビュー

  • 星無し
  • 星無し
  • 星無し
  • 星無し
  • 星無し

普通食用としない。

ホンソメワケベラの生態域・分布

南日本・東シナ海 ・琉球列島

ホンソメワケベラの釣り方

ホンソメワケベラの釣り場

沖合・内湾・岩礁

ホンソメワケベラの動画

Twitterでのホンソメワケベラの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!