戻る

ハマフエフキ

海水

  • ハマフエフキ画像
  • ハマフエフキ画像
  • ハマフエフキ画像
  • ハマフエフキ画像
  • ハマフエフキ画像
ハマフエフキ画像 ハマフエフキ画像 ハマフエフキ画像 ハマフエフキ画像 ハマフエフキ画像

ハマフエフキ(浜笛吹)

別名: メイチ・タマミ・フエフキ・タマメ・タマン・ハマフエフキ・タバミ・クチビ・タバメ・クチボソ・クチミ・ローイグイ・ロウイグイ
科目: スズキ目フエフキダイ科

ハマフエフキの特徴

熱帯性の魚だが温帯にもよく適応し、千葉県まで見られる。フエフキダイ科では最も大きくなり最大全長1mに達すると思われる。貪欲な肉食魚で夜間は沿岸の浅場にも回遊する。南日本太平洋岸では多くの地方でタマン、タマミなどと呼ばれ船、磯大物釣りの対象となっているほか、投げ釣りで狙われることもある。

ハマフエフキの見た目の特徴・見分け方

吻や頬部に青い線が数本走るのが特徴。体側の鱗にも青色斑が散らばる。

ハマフエフキの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

他のフエフキダイ科同様白身でさまざまな料理に合うが本種は数が少なくめったに釣れない。

ハマフエフキの生態域・分布

南日本・日本海・東シナ海 ・琉球列島

ハマフエフキの釣種

釣り船・磯・投げ・ソルトウォータールアーフィッシング

ハマフエフキの釣場

沖合・内湾・砂地・岩礁

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!