戻る

スケトウダラ

海水

  • スケトウダラ画像
スケトウダラ画像

スケトウダラ(介党鱈)

別名: スケトウタラ・スケトウダラ・スケトータラ
科目: タラ目タラ科

スケトウダラの特徴

日本近海で漁が行われ、日本でも重要な水産資源として利用されているが、漁獲量は年々減少している。オホーツク海など、水温の低い海を好んで生息する。約2年で成熟し、成長とともに深海に生息するようになる。肉食性で貝類、甲殻類などを好んで捕食する。

スケトウダラの見た目の特徴・見分け方

体長は平均して70センチメートル程度。大きなもので、1メートルにまで成長し、体重も1.5キロ程度にもなるものもいる。外見はマダラに似ているが、スケトウダラは目が大きく口ひげが目立たず、一回り小さい。

スケトウダラの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

すり身などの原料として非常に重宝されている。昔は痛みやすいために捨てるしかなかったが、近年では冷凍技術が確立し、美味しく保存できるようになったため、安い白身魚として市場に出回ることが増えた。また、スケトウダラの卵巣は一般的なたらことしてよく食べられ、今や高級品である。

スケトウダラの生態域・分布

北日本・オホーツク海

スケトウダラの釣種

釣り船

スケトウダラの釣場

深海

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!