戻る

ヒラメ

海水

  • ヒラメ画像
  • ヒラメ画像
  • ヒラメ画像
  • ヒラメ画像
  • ヒラメ画像
ヒラメ画像 ヒラメ画像 ヒラメ画像 ヒラメ画像 ヒラメ画像

ヒラメ(鮃)

カレイの仲間

別名: ヒラメ・ソゲ・エテガレイ・ゴソガレ・バンゴ・エテカレイ・ヤイトカレイ・ベタ・ソゲッコ
科目: カレイ目ヒラメ科

ヒラメの特徴

千島列島以南の日本各地に分布し、水深10~200mの砂底や砂礫底に多い。魚食性で口が大きく、エサを見つけると海底から4、5mも飛び上がって食べることもある。ノマセ釣りで狙うときは、イワシや小アジエサが最上で、生きたものを泳がせて釣る。よく釣れるのは70㎝ぐらいまでだが、1mを超えるものもいる。

Wikipedia

ヒラメ(鮃、英名:Bastard halibut、学名:Paralichthys olivaceus)は、カレイ目カレイ亜目ヒラメ科に属する魚の一種。広義には、ヒラメ科とダルマガレイ科に属する魚の総称である(「ヒラメ類」の項を参照)。有眼側(目のある方)が体の左側で、日本では「左ヒラメに右カレイ」といってカレイ類と区別する(後述)。また口と歯が大きいのが特徴で、ヒラメ類のことを英語ではLarge-tooth flounders という。 太平洋西部(千島列島、樺太、日本、朝鮮半島などの沿岸から南シナ海まで)に分布。最大で全長1m、体重10kgほどになる。他のカレイ目の魚と同じように左右に扁平な体型をしていてカレイと区別が付きにくいが、俗に「左ヒラメに右カレイ」と言われるように、ヒラメの目は両目とも頭部の左側半分に偏って付いているのが大きな特徴である[1]。また、ヒラメはカレイと比べて口が大きく、歯も1つ1つが大きく鋭い。 ヒラメは海底で両目のある体の左側を上に向けて生活しているため、その両目は常に上の方を向いている。このヒラメの特徴から、自分の出世だけを気にして常に上層部の機嫌をうかがい媚びへつらっている人間を「ヒラメ人間」と呼んで揶揄することがある。 ヒラメという名が現れたのは14世紀ごろだが、日本では19世紀以前にはカレイとヒラメは区別されておらず、大きいものをヒラメ、小さいものをカレイと呼んでいた。はっきりと別種として扱った文献は小野蘭山の『本草綱目啓蒙』(1803年)が初出である[2]。 白身魚の中では特に淡白で繊細な味わいで、非常に美味であるとされる。特に背鰭と臀鰭付け根の部分の身は、縁側(えんがわ)と呼ばれる脂の乗った歯ごたえのある部位で珍重される。刺身、寿司、酒蒸しなどで食べる。またムニエル等でフランス料理でも使われる。肝臓(キモ)もカワハギ等と同様珍重される。寒平目の名の通り、旬は冬期。産卵後の夏場はクソ平目と呼ばれるほど食味が落ちるといわれるが、冬場の食味と比較した場合見劣りする程度で、夏場でも美味い魚の代表格といえる。調理の際はその特殊な体型から三枚おろしではなく、五枚下ろしあるいは七枚卸しにする。五枚卸しとは上身背・腹、下身背・腹、骨の5つに分けたものを言い、七枚卸しは五枚卸しに背と腹の縁側を別にしたものを言う。

ヒラメの見た目の特徴・見分け方

体は著しく扁平し眼が体の左側に寄っている。口は大きく鋭い歯が両あごに一列に並ぶ。眼がある方の体の表面に眼のように見える斑点が3つある。

ヒラメの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印

寒ビラメといわれるように旬は産卵前の冬。刺身、寿司だね、昆布締めにムニエルなど、クセがないので料理法は多い。特にヒレの付け根にある縁側と呼ばれる筋肉が珍重される。

ヒラメのレシピ動画

ヒラメのムニエル
ヒラメの昆布締め丼

ヒラメの生態域・分布

南日本・北日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海

ヒラメの釣り方

釣り船・投げ・防波堤・釣り堀・筏・カセ・ボート・ソルトウォータールアーフィッシング

ヒラメの釣り場

外洋・沖合・内湾・砂地・防波堤・河口

ヒラメの動画

Twitterでのヒラメの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!