戻る

カマスサワラ

海水

  • カマスサワラ画像
  • カマスサワラ画像
  • カマスサワラ画像
カマスサワラ画像 カマスサワラ画像 カマスサワラ画像

カマスサワラ

サバの仲間

別名: オキサワラ・カマスサワラ・ワフー・オキザワラ・オオカマス・カマスザワラ・トージンサワラ・トウジンサワラ
科目: スズキ目サバ科

カマスサワラの特徴

世界中の温帯~熱帯域に分布しており、日本近海では、秋田県~長崎県の日本海側や、青森県~九州南岸の太平洋側や琉球列島、特に小笠原諸島に多い。サワラの仲間で頭の形がカマス類に似ていることから「カマスサワラ」とつけられた。その他にも、外洋の沿岸域や、やや沖合の表層を単独または少数の群れをなして遊泳することから「沖サワラ」とも呼ばれる。カマスサワラは主に甲殻類や小魚、軟体動物などを捕食している。国内での漁獲量はあまり多くないが、釣りや刺し網、巻き網、定置網などで漁獲されることもある。南西諸島ではよく食べられる食用の魚で、疑似餌を使ったトローリングで漁獲される。しかし漁獲量が少なく、大きい魚なので、市場やお店に一匹丸ごとで出回ることはあまりなく、単にサワラとして切り身で売られていることが多い。白身魚に見えるがサバ科の青魚なので、身の成分は赤身魚である。産卵の時期は晩春~初夏にかけて。

Wikipedia

カマスサワラ(梭子魚鰆、叺鰆、魳鰆、学名 Acanthocybium solandri) は、スズキ目・サバ科に分類される魚の一種。サワラに近縁の大型肉食魚で、食用にもなる。サバ科の分類上では1種のみでカマスサワラ属 Acanthocybium を構成する。英名"Wahoo"はハワイでの呼び名に由来し、同じハワイ由来の英名として"Ono"もある。また、標準和名は頭部の形がカマス類に似ることに由来する。全世界の熱帯・温帯海域に広く分布する。日本でも主に南日本の太平洋側で見られる。外洋の沿岸から沖合いの表層で、小さな群れを作って回遊する。食性は肉食性で、小魚、甲殻類、頭足類などを捕食する。本種に限らず鰓耙が全くない、または少ない魚は、微小なプランクトンを濾過する能力がなく、ある程度の大きさをもった餌を専食するということを意味している。釣り、刺し網、定置網などで漁獲される。利用法はサワラと同様で、焼き魚(塩焼き、幽庵焼き)、唐揚げなどに利用される。大東諸島では大東寿司の寿司ネタとして珍重されている。

カマスサワラの見た目の特徴・見分け方

大きさは、体長が2mを超えるような大型の魚で、サワラの仲間の種類の中で一番大型である。サワラよりも吻(ふん:口の周りの部分)が長く尖っており、両顎にはノコギリ状の細かい歯を持つ。体型は紡錘形で少し側扁していて細長い。第1背ビレが後半で低くならず、第二背ビレから尾柄部まで小離鰭が並んでいる。体色は背側は灰色が含まれたような藍色をしており、腹側は銀白色。若魚までは体側に暗色の横縞が胸ビレから尾ビレの付け根まで並んでいるので、多種とは区別が付きやすい。成魚になると、先程の横縞はどんどん薄れていき、やがて不明瞭になる。日本での呼び名は様々あり、「オキザワラ」(各地)「スジカマス」(和歌山)「トーサワラ」(沖縄)などと呼ばれている。

カマスサワラの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

サワラに比べてやや大味とされ食味評価は劣るが、クセがなく淡白な味わいである。身は少々水っぽくて柔らかいため、身崩れしやすい。なので、調理をす始める前に振り塩をし、余分な水分を出してから調理をするとよい。新鮮なものであればクセや臭みを全く感じず、もちっとした食感をダイレクトに感じられる刺し身で食べるのがおすすめ。皮をバーナーで炙っても香ばしさがいいアクセントになり、非常に美味である。また、たっぷりの味噌で一晩漬込み焼き上げる味噌焼きもおすすめである。その他にも身がふっくりとして美味しいフライや、唐揚げなどにしてもよい。新鮮なカマスサワラを選ぶには、腹にしっかりとした硬さがあるかどうかや、エラの色が鮮やかな色をしているか、また切り身の場合には全体が白くなっているものでなく、ほんのり透明感が残っているかどうかなどを見るとよい。

カマスサワラのレシピ動画

カマスサワラの西京焼き

カマスサワラの生態域・分布

南日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海 ・琉球列島

カマスサワラの釣り方

釣り船・ソルトウォータールアーフィッシング

カマスサワラの釣り場

外洋・沖合

カマスサワラの動画

Instagramでのカマスサワラの投稿

Twitterでのカマスサワラの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!