戻る

シャコ

海水

  • シャコ画像
  • シャコ画像
  • シャコ画像
  • シャコ画像
  • シャコ画像
シャコ画像 シャコ画像 シャコ画像 シャコ画像 シャコ画像

シャコ(蝦蛄)

シャコの仲間

別名: シャコ
科目: シャコ目シャコ科

シャコの特徴

内湾の砂地に、穴をほって生息し、小魚やイソメなどの虫を食べる。非常に獰猛で攻撃的、また鋭い鎌を持つので、その鎌で貝殻などを破壊し、貝などを捕食しているようだ。脚力が凄まじいため、ガラスの水槽などで飼育をしているとその攻撃力で割れてしまうことさえある。環境汚染などにも強く生命力も高いが、水から上げると弱って死んでしまう。

Wikipedia

シャコ(蝦蛄[1]、青龍蝦、学名: Oratosquilla oratoria) は、甲殻類 軟甲綱 トゲエビ亜綱 口脚目(シャコ目)シャコ科に属する節足動物の1種である。転じてシャコ目に属する種の総称にも使われる。寿司ダネなどになる食用種がよく知られる。地方名にシャコエビ[1]、ガサエビ[1]、シャッパなど。

Wikipedia

【特徴】外見は同じ甲殻類であるエビ類に似ているが、エビ類はカニ類その他とともに真軟甲亜綱という別亜綱に属し、両者の類縁関係はかなり遠い。 シャコ 2018.8.13 那珂湊漁港 体長は12~15cm前後。全長20cmに達することもある[1]。体型は細長い筒状で腹部はやや扁平。頭部から胸部はやや小さく、腹部の方が大きく発達する。頭部先端には二対の触角とよく発達した複眼が突き出す。付属肢にエビ・カニのような鋏を持たず、6-7個のトゲがある特徴的な1対の鎌のような捕脚を持つ(英名のmantis shrimp=カマキリエビの由来でもある)。歩脚は3対、腹部には遊泳脚があり、また背甲左右の辺縁に短いトゲを持つほか、尾節には鋭いトゲのある尾扇を持つ。 円偏光の回転方向を識別できる[2]。ただし、これはこの種の特徴ではなく、少なくともシャコ属の数種に共通の特徴である[3]。円偏光に限定しなければ、偏光の視覚はシャコ科の広範囲と一部の頭足類に確認されている。

シャコの見た目の特徴・見分け方

エビ類に似るが全くの別種で、カマキリの鎌のような鋭い足を持っているのが最大の特徴。甲殻類シャコ科の節足動物で、エビよりはムカデなどの節足動物が近縁である。体長は15~20センチ程度まで成長し、斑紋などはなく無班。

シャコの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

エビよりもあっさりしており非常に美味しい。春から初夏のメスは卵を持っていて卵も非常に美味しく珍味として

シャコのレシピ動画

シャコのカンジャンケジャン
シャコの剥き方

シャコの生態域・分布

南日本・北日本

シャコの釣り方

磯・投げ・防波堤・海釣り公園

シャコの釣り場

内湾・砂地・岩礁

シャコの動画

Instagramでのシャコの投稿

Twitterでのシャコの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!