戻る

マアジ

海水

  • マアジ画像
  • マアジ画像
  • マアジ画像
  • マアジ画像
  • マアジ画像
マアジ画像 マアジ画像 マアジ画像 マアジ画像 マアジ画像

マアジ(真鯵)

アジの仲間

別名: アジ・マアジ・コアジ・マメアジ・ヒラアジ・アジゴ・クロアジ・ゼンゴ・トツカアジ・キアジ・アカアジ・ジンダ・レンゴ・トツカワ
科目: スズキ目アジ科

マアジの特徴

日本各地に分布しているせいかホンアジ、キアジ、ヒラアジ、クロアジなど地方名も多い。アジは味なり、といわれるように、古くから味のいい魚のひとつに数えられ人気が高い。有名な大分県の佐賀関沖の速吸瀬戸で釣れる「関アジ」もマアジである。沖合い回遊型のアジは、黒アジとか鬼アジ、瀬つきのアジはヒラアジとか黄アジと呼ばれるが、キアジの方が脂の乗りが良くて美味しいため、高値で取引される。

Wikipedia

マアジは、スズキ目アジ科に分類される魚の一種。北西太平洋の沿岸域に分布する海水魚である。日本では重要な食用魚の一つで、単に「アジ」と言えば通常は本種を指す。 成魚の全長は50cmに達するが、よく漁獲されるのは30cm程度までである。体は紡錘形でやや側扁し、頭長は体高より長い。側線は体の中ほどで下方に湾曲し、背鰭第8軟条下から尾まで直走する。この側線上には全体に亘って稜鱗(りょうりん : 俗称「ぜんご」「ぜいご」)と呼ばれる棘状の鱗が69-73個並ぶ。臀鰭の前端部には2本の棘条がある。鰓蓋(さいがい、えらぶた)上縁に一つの黒色斑がある。口内では両顎・口骸骨・鋤骨(じょこつ)・舌に細歯がある。背側は緑黒色で腹側は銀白色、中間域は金色である[1][2][3][4][5][6]。 体色と体型は、浅海の岩礁域に定着する「居つき型(瀬付き群)」と、外洋を回遊する「回遊型(沖合回遊群)」で異なる。居つき型は全体的に黄色みが強く、体高が高い。一方、「回遊型」は体色が黒っぽく、前後に細長い体型をしている。例えば東京湾沿岸では居つき型を「キンアジ」「キアジ」、回遊型を「ノドグロ」「クロアジ」などと呼んで区別している[7]。 本種は日本産アジ類の中でも特に漁獲が多く代表種となっていることから「真」が付く[8]。新井白石は「アジとは味也、その味の美をいふなりといへり」と記している。食用に利用する際は大きさによって「小アジ」「中アジ」「大アジ」等とも呼ばれる。(アジの語源についてはアジを参照) 地方名も多く、アヅ(富山・秋田)、メダマ(東京)、ノドクロ、クロアジ(東京 : 回遊型を指す)キアジ、キンアジ(東京 : 居つき型を指す)、アカアジ(関西 : 稚魚を指す)、ヒラアジ(和歌山・大阪・広島)、ホンアジ(和歌山)、トツカアジ、トツカワ(和歌山)、オオアジ(神戸・松江)、オニアジ(兵庫明石)、ゼンゴ(中国・四国地方)、キンベアジ(鹿児島)、ジンタン(鹿児島 : 稚魚を指す)等がある[2][7][10]。関アジは豊予海峡で漁獲し、大分県大分市佐賀関で水揚げしたアジの商標である。 日本では重要な食用魚として、定置網、巻き網、引き網、刺し網、釣りなど各種の漁法で大量に漁獲される。ほぼ季節を問わず漁獲されるが、旬は夏とされている[1][4][10]。 身はピンク色で、ある程度の脂肪を含む。白身魚と赤身魚の中間の身質をもち、青魚の一種に数えられる。回遊型は漁獲量が多く、身の脂が少ない。居つき型は漁獲量が少なく、身の脂が多い。 用途は唐揚げ・南蛮漬け・フライ・ムニエル・塩焼き・煮付け・刺身・たたき・寿司種・干物・つみれなど極めて幅広い[3][4]。大きさによって調理法も異なり、例えば小さなものは唐揚げにされることが多い。薬味にはネギやショウガを用いる。房総半島周辺のなめろう等、郷土料理も各地にある。 大型個体は一本釣りなどで狙うこともあるが、中型・小型のものはアミ類等をまき餌(コマセ)として使い、サビキで釣り上げる方法が一般的である[4][7]。中には茨城や千葉などコマセなしで行う地域もある。夜には船舶や漁港などの集魚灯によく集まるので、夜釣りの対象ともなっている。陸からの釣りはサビキ釣り、カゴ釣り、ウキフカセ釣り、延べ竿のウキ釣り (float fishing) 、ルアー釣り(アジング)などもある。 船からの釣りではビシ釣りも多い。例えば関東周辺では以下のような仕掛けが使われる。 ・釣り竿 - 1.5-2mくらいの先調子・軟調子(専用調子) リール - 小・中型電動リール。錘が重いので両軸は好ましくない。 ・道糸 - PE(新素材)4-6号。潮が速いともつれるので、経験者が推奨する太さに合わせる。棚取りが重要なのでなるべく色あせていない新しいものにする。 ・天秤 - 腕長35-45cmくらいのもの。ただし軟調子を使う場合は腕の柔らかいものは不適。 ・ビシ - アンドンビシを使用するが、潮の速さにより使う重さを変える。 ・クッションゴム - 1.5-2mm。竿や状況により使い分ける必要がある。 ・仕掛け ・ハリス - 2号、40cm以上を狙うなら2.5-3号。長さは2mほど取るが、状況により2.5mや3m取ることもある。 枝ス - ハリスの太さに合わせ、長さは20-30cm。 ・釣り針 - ムツ針の10-11号でよいが、アジ専用針なども販売されている。大型を狙い12号を使う場合もある。 ムツ(金)10,11号 - アジへのアピールは強いが、同時にサバへのアピールも強い。サバが多いとアジが食う前にサバが食いついたり、アジが食った後にサバが食ってアジを振り落としたりする。 ムツ(銀)10,11号 - サバが多い時に使用する。 ・その他 - 青イソメ使用時などの状況によって赤、緑などがいいこともある。 ・釣り餌 - 赤タン(イカを赤く染めたもの)、青イソメ、オキアミ等

マアジの見た目の特徴・見分け方

マアジには体が黒っぽくて体高が低くスマートな沖合回遊型と、体が黄色っぽくて体高が高く、比較的浅い海の瀬につくタイプがある。エラブタの後ろから尾の付け根まで綾鱗(ゼンゴ)が伸びているのが特徴で、色の変化が多い。

マアジの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

刺身、たたき、塩焼きにフライとどんな料理にも向く美味しい魚産卵期は春だが、内湾の瀬につく黄アジタイプは、夏の終わりから秋にかけて、よく脂がのり特に美味しい。

マアジのレシピ動画

鯵(アジ)のさばき方
アジフライ 調理方法

マアジの生態域・分布

南日本・北日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海

マアジの釣り方

釣り船・磯・防波堤・海釣り公園・釣り堀・筏・カセ・ボート・ソルトウォータールアーフィッシング・フライルアーフィッシング

マアジの釣り場

外洋・沖合・内湾・砂地・岩礁・防波堤・河口

マアジの動画

Twitterでのマアジの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!