戻る

ヒメマス

淡水

  • ヒメマス画像
  • ヒメマス画像
  • ヒメマス画像
  • ヒメマス画像
  • ヒメマス画像
ヒメマス画像 ヒメマス画像 ヒメマス画像 ヒメマス画像 ヒメマス画像

ヒメマス(姫鱒)

別名: ヒメマス・チップ
科目: サケ目サケ科

ヒメマスの特徴

ベニザケの陸封型の種で、北海道・北日本で養殖される食料資源となっている。もともとは北アメリカ・カナダが原産・北海道が原産の魚である。動物プランクトンやワカサギなどの小魚を好んで食べる。生息する各湖には禁漁期間が設けられ、捕獲数の上限や、期間が定められている。

ヒメマスの見た目の特徴・見分け方

一生を川で過ごすサケ科の仲間。10~15℃程度の低い水温を好み、大きさは20~30センチ程度で成長が止まる。産卵期の空きを除けば鮮やかな白銀の魚体をしており、頭部や背は青みがかる。秋はオスに婚姻色が出て赤褐色のきれいな魚体になる。

ヒメマスの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

サーモンピンクをした身は、サケ類で一番美味しいとされる。塩焼きや刺し身にして食べると非常に美味しい。食味の低下が早いと言われるため、鮮度のいい状態で食べることが美味しく食べることにおいては重要である。釣り魚として非常に人気で、解禁日には生息している湖に人が押し寄せることも多い。

ヒメマスの生態域・分布

北日本・オホーツク海

ヒメマスの釣り方

釣り船・トラウトルアーフィッシング

ヒメマスの釣り場

池・湖沼

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!