戻る

サヨリ

海水

  • サヨリ画像
  • サヨリ画像
  • サヨリ画像
  • サヨリ画像
  • サヨリ画像
サヨリ画像 サヨリ画像 サヨリ画像 サヨリ画像 サヨリ画像

サヨリ(細魚)

ダツの仲間

別名: サヨリ
科目: ダツ目サヨリ科

サヨリの特徴

北海道南部以南に分布。琉球列島、小笠原諸島にはいない。沿岸性の表層魚で内湾に多く動物性プランクトンを主食とする。幼魚は汽水域にも入る。防波堤、小磯の人気釣魚。群れで回遊しアミエビのマキエによく反応する。40cmに達する。

Wikipedia

サヨリ(鱵、細魚、針魚、針嘴魚、水針魚、竹魚、長鰯[1]、学名:Hyporhamphus sajori)は、ダツ目・サヨリ科の海産魚。沿岸の海面近くに生息する細長い魚で、食用魚でもある。季語、三春[2]。全長は最大40センチメートルほどで、同じダツ目のサンマとよく似た細長い体型をしている。サヨリ科一般の特徴として下顎が長く突き出し、上顎は小さな三角形の弁状にしか過ぎないが、この一見アンバランスな形の口器の適応的意義はよくわかっていない。ただ、同じトビウオ上科のトビウオ類も、稚魚のときに同じような下顎の伸張が起こることが知られている。この下顎の先端は生きているときには赤い。背中は青緑色だが腹側は銀色に輝き、筋肉は半透明である。 腹膜は真っ黒で俗に「見かけによらず腹黒い人」の代名詞とされることもあるが、これは筋肉が半透明で光を透過しやすい魚によく見られる現象で、恐らく腹腔内に光が透過するのを防ぐ適応とみられる。同様に腹膜が黒いコイ科の淡水魚ハクレンでは、成長に伴って食物が動物プランクトンから植物プランクトンに移行する時期に急速に腹膜が黒変することが知られているが、この移行時期に強い日光を浴びると、消化管に取り込まれた植物プランクトンが光合成を行って酸素の気泡が発生し、消化管が膨れ上がって水面に腹を上にして浮かぶなどの障害が発生することが報告されている。サヨリも後述のように成長に従って海藻も食べるようになるため、あるいは摂食した海藻の光合成を抑制する意味があるのかもしれない。 沿岸性で、樺太の西側から台湾にかけての北西太平洋、日本海、黄海、渤海湾の陸地近海に分布する。海面すれすれを群れをなして泳ぎ、動物プランクトンを捕食したり、浮遊する海藻の断片を摂食する。危険を感じるとよく空中にジャンプする。サヨリ科には淡水域にまで侵入する種が多く知られるが、サヨリは汽水域までは進入するものの純淡水域にまでは進入しない。 4月中旬から8月中旬が産卵期であり、群れで藻場に入り込み、メダカの卵に似た直径2.2ミリメートル程度の大粒の卵を、粘着糸で海藻や海草に絡み付ける。孵化直後の仔魚は全長7ミリメートル程度で、これが2.5センチメートル程度まで成長すると下顎の伸張が始まる。下顎はいったん成魚よりも全長比で長く伸張するが、次第に体の他の部分の成長が著しくなり、全長27センチメートル程度になると、ほぼ成魚と同じプロポーションになる。寿命は2年余りと考えられている。

サヨリの見た目の特徴・見分け方

下あごが長く先端は赤い。体色は背側は青黒く腹側は銀白色。

サヨリの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

白身で淡泊。身が美しく糸造りなどの刺身、寿司だねに用いられる。椀だね、酢の物などにしても美味しい。

サヨリのレシピ動画

サヨリのさばき方
サヨリのチーズフリッター

サヨリの生態域・分布

南日本・北日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海

サヨリの釣り方

磯・防波堤・海釣り公園・筏・カセ

サヨリの釣り場

内湾・砂地・岩礁・防波堤・河口

サヨリの動画

Twitterでのサヨリの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!