戻る

アイナメ

海水

  • アイナメ画像
  • アイナメ画像
  • アイナメ画像
  • アイナメ画像
  • アイナメ画像
アイナメ画像 アイナメ画像 アイナメ画像 アイナメ画像 アイナメ画像

アイナメ(鮎並)

アイナメの仲間

別名: アイナメ・アブラメ・アブラコ・アブシン・ネウオ・ネウ・ポン・シジュウ・シンジョ・ツムギ
科目: カサゴ目アイナメ科

アイナメの特徴

北海道以南日本各地の浅海の岩礁域や大小の石が積み重なる海岸に多い。成魚はそれぞれ縄張りをもち大きな移動をしない。産卵期は秋から冬で、雄は石の底に産み付けられた卵をまもるが、他の個体の卵は食べてしまう。鰾(うきぶくろ)をもたず、底生生活をする。投げ釣り、主食は甲殻類、多毛類、小型魚類など。防波堤釣り、船釣りとさまざまな方法で狙う人気釣魚だ。最大60cmに達する。

Wikipedia

全長30-40センチメートルほどだが、60センチメートルを超える個体もある。カサゴ、メバル、カジカなどと同じカサゴ目に分類されるが、アイナメはひれの棘条(とげ)が発達しないこと、背びれが1つに繋がっていること、体高が高いこと、鱗が細かいことなどが特徴である。これらの特徴はクジメやホッケなど、他のアイナメ科の魚にも共通する。 体色は生息地の環境により黄、赤褐色、紫褐色など様々だが、繁殖期のオスには黄色の婚姻色が現れる。近縁種のクジメとは、尾びれが三角形に角ばっていることで区別できる。また、アイナメの側線は体側中央だけでなく背びれ、腹びれ、尻びれの根もとに計5本もあるが、クジメの側線は体側の1本だけである。

アイナメの見た目の特徴・見分け方

体は細長い円筒形。体色は茶~黒褐色で変異が大きい。産卵期の縄張り雄は黄色になる。背側に3本、腹側に2本で計5本の側線がある。幼魚は背側が青緑、腹部は白で成魚に似ない。

アイナメの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

白身で脂がよくのり弾力があるので刺身や洗いが美味しい。木の芽焼きや煮付け、唐揚げ、椀だねにも使われる。旬は初夏~夏。秋から冬の産卵期は身がやせ食味が落ちる。

アイナメのレシピ動画

アイナメの生態域・分布

南日本・北日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海

アイナメの釣り方

釣り船・投げ・防波堤・海釣り公園・ソルトウォータールアーフィッシング

アイナメの釣り場

内湾・砂地・岩礁・防波堤

アイナメの動画

Instagramでのアイナメの投稿

Twitterでのアイナメの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!