戻る

キチジ

海水

  • キチジ画像
  • キチジ画像
  • キチジ画像
  • キチジ画像
キチジ画像 キチジ画像 キチジ画像 キチジ画像

キチジ(喜知次)

スズキの仲間

別名: キンキ・キチジ
科目: スズキ目アイゴ科

キチジの特徴

水深1500メートルまでの深海に生息する深海魚で、北海道を中心とした北日本で漁獲される。日本海側で取れることが少なく、多くはオホーツク海、または太平洋で取れる。年間を通して味が安定していて見た目も赤くて綺麗ためマスコミで取り上げられることが多く、高級魚として認知が広がった。

Wikipedia

キチジは、もともと宮城県での名称。地方名は、キンキ(北海道)、キンキン(北海道南部、青森県、秋田県)、メンメ(北海道東部)、メイセン(岩手県)、アカジ(茨城県)[2]など。アイヌ語では「フレソイ」、中国語では「大翅鮶鮋」、ロシア語ではШипощёк длинноперый。

Wikipedia

体は比較的細長く、赤い。鮮度が落ちると退色し、黄色に近くなる。眼が大きく、前部に凹部があり、両目の間隔は狭い。頭の両側の、目の下から頬を通る長く突出した筋がある。口も大きい。背鰭は第一と第二に分かれ、第一背鰭の後部に大きな黒斑がある。胸鰭は大きく、斧のような形状をし、下部は肥厚し突出する。 魚体の色が赤く目が大きいこと、体型や、地方名が似ていることなどから、キンメダイ目キンメダイ科のキンメダイと混同されることがあるが、全く別の白身魚。キンメダイに目の下の筋はなく、胸鰭、背鰭は小さい。背鰭は分かれず、黒斑もない。同じく赤いサンコウメヌケ(三公目抜、Sebastes flammeus)などのメヌケ類がいるが、サンコウメヌケは個体により白っぽいものもいる。メバル(眼張)は同科別属の魚。

キチジの見た目の特徴・見分け方

30センチ程度まで成長し、ヒレも含め全身が赤い。背びれの中央に黒い斑紋が現れる。目が大きく口も大きい。胸鰭も大きく、斧のような不思議な形状をしている。キンメダイに似ており混同されることがあるが全くの別種。

キチジの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

白身で癖がなく旨味のある脂が多く乗っていて非常に美味。近年では高価な値段で市場に出回っている。焼き魚や煮物にすると非常に美味しい。身は柔らかく小骨も少ないので、食べやすさも人気の秘密である。近年ではブランド魚としても見直され、非常に人気のある魚である。

キチジの生態域・分布

北日本・オホーツク海

キチジの釣り方

キチジの釣り場

深海

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!