戻る

マハゼ

海水

  • マハゼ画像
  • マハゼ画像
  • マハゼ画像
  • マハゼ画像
  • マハゼ画像
マハゼ画像 マハゼ画像 マハゼ画像 マハゼ画像 マハゼ画像

マハゼ(真沙魚)

ハゼの仲間

別名: ハゼ・マハゼ・ヒネハゼ・カジカ
科目: スズキ目ハゼ科

マハゼの特徴

北海道南部から種子島に分布。内湾、河口、潟湖など汽水域の砂泥底に広くすむ。若魚は夏から秋に岸近くのごく浅い場所に寄り、純淡水域に入ることもある。秋の小物釣りの代表選手。20cmを超えれば大物だが最大30cmに達する。有害異形寄生虫のおそれがあるので生食は避けるのが無難。

Wikipedia

マハゼ(真鯊、真沙魚)、学名 Acanthogobius flavimanus は、スズキ目ハゼ科に分類されるハゼの一種。東アジアの内湾や汽水域に生息するハゼで、日本では食用や釣りの対象魚として人気がある。日本における地方名は、ハゼ(日本各地)、カジカ(宮城)、カワギス、グズ(北陸地方)、デキハゼ(関東地方・若魚)、フユハゼ(浜名湖)、カマゴツ(鳥取)、ゴズ(島根)、クソハゼ(大村湾)など数多い。全長は15cmほどだが、25cmほどに達するものもいる。体は細長い円筒形で、ハゼとしてはスマートな体型をしている。吻は前方に丸く突き出ていて、上顎がわずかに下顎より前に出る。背中側は灰褐色で、体側には黒い斑点が並びしま状となる。腹側は白く、鈍い光沢がある。背鰭と尾鰭には軟条に沿って黒い点が点線状に並ぶが、尾鰭の下方は斑点がなく灰色がかっている。若魚は第一背鰭の後半部に黒い斑点があるが、成長するにつれ目立たなくなる。日本では北海道から種子島まで分布し、日本以外でも沿海地方・朝鮮半島・中国まで分布する。さらにカリフォルニア州やオーストラリアにも分布するが、これは自然分布ではなく、船舶のバラスト水などによって運搬され定着したものと考えられる。波の穏やかな内湾や汽水域の砂泥底に生息するが、若魚はごく浅い海岸や川の純淡水域にも進入する。汚染にも強く、都市部の港湾にも多く生息して親しまれている。砂泥底に腹をつけて生活する底生魚で、胸鰭を羽ばたかせてサッと泳ぐ。食性は肉食性が強く、多毛類・甲殻類・貝類・小魚などを貪欲に捕食するが、藻類を食べることもある。一方、天敵はサギやマゴチなどである。マハゼの生活史として、産卵期は1月から5月にかけてで、南の地方ほど早い。オスは砂泥底にY字型の穴を掘り、メスを呼びこんで穴の壁に産卵させる。産卵・放精が終わった後もオスは巣に残り、孵化するまで卵を守る。孵化した稚魚は遊泳生活をし、プランクトンを捕食しながら成長するが、全長2cmほどで底生生活に移る。夏には全長5cm-10cmほどの若い個体が海岸のごく浅い所や淡水域にも現れる。これらの若魚は小動物を捕食しながら急速に成長し、冬になると次第に沿岸の深場へ移動する。春になると再び浅場にやってきて産卵するが、産卵後はオスメスとも死んでしまう。寿命は1年だが、2年で成熟・産卵するものもいる。マハゼは都市部の沿岸や河川にも多く生息している身近な魚である。釣りやすい上に味もよく、食用や釣りの対象として人気が高い。鮮魚が市場に流通することは少ないが、マハゼを利用した料理は各地の食文化に組み込まれている。ほぼ年中漁獲されるが、旬は秋から冬にかけてとされる。美味な白身魚で、天ぷら、唐揚げ、刺身、吸い物の椀種、煮付け、甘露煮などいろいろな料理で食べられる。仙台など一部の地方では、ハゼの焼き干しは伝統的な雑煮の出汁として、なくてはならないものである。

マハゼの見た目の特徴・見分け方

体は円筒形で細長い。体側に不規則な暗色斑が並ぶ。腹部は白い。尾ビレに矢羽根模様の斑紋がある。上あごは下あごより前に出る。

マハゼの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

糸造りや天ぷらが定番。白身で甘み、旨みが強く美味しい。塩焼き、煮付けもよい。小型のものは甘露煮や佃煮がいける。丸ごと焼いて干し、雑煮の出汁にする地方もある。

マハゼのレシピ動画

マハゼの天ぷら
マハゼのお寿司・塩焼き

マハゼの生態域・分布

南日本・北日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海

マハゼの釣り方

釣り船・投げ・防波堤・海釣り公園・筏・カセ・ボート

マハゼの釣り場

内湾・砂地・防波堤・河口

マハゼの動画

Twitterでのマハゼの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!