戻る

マハゼ

海水

  • マハゼ画像
  • マハゼ画像
  • マハゼ画像
  • マハゼ画像
  • マハゼ画像
マハゼ画像 マハゼ画像 マハゼ画像 マハゼ画像 マハゼ画像

マハゼ(真沙魚)

別名: ハゼ・マハゼ・ヒネハゼ・カジカ
科目: スズキ目ハゼ科

マハゼの特徴

北海道南部から種子島に分布。内湾、河口、潟湖など汽水域の砂泥底に広くすむ。若魚は夏から秋に岸近くのごく浅い場所に寄り、純淡水域に入ることもある。秋の小物釣りの代表選手。20cmを超えれば大物だが最大30cmに達する。有害異形寄生虫のおそれがあるので生食は避けるのが無難。

マハゼの見た目の特徴・見分け方

体は円筒形で細長い。体側に不規則な暗色斑が並ぶ。腹部は白い。尾ビレに矢羽根模様の斑紋がある。上あごは下あごより前に出る。

マハゼの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

糸造りや天ぷらが定番。白身で甘み、旨みが強く美味しい。塩焼き、煮付けもよい。小型のものは甘露煮や佃煮がいける。丸ごと焼いて干し、雑煮の出汁にする地方もある。

マハゼの生態域・分布

南日本・北日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海

マハゼの釣種

釣り船・投げ・防波堤・海釣り公園・筏・カセ・ボート

マハゼの釣場

内湾・砂地・防波堤・河口

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!