戻る

サクラマス

淡水

  • サクラマス画像
  • サクラマス画像
  • サクラマス画像
  • サクラマス画像
  • サクラマス画像
サクラマス画像 サクラマス画像 サクラマス画像 サクラマス画像 サクラマス画像

サクラマス(桜鱒)

サケの仲間

別名: サクラマス・ママス
科目: サケ目サケ科

サクラマスの特徴

本種とヤマメは同種だが、サクラマスは成長過程で海に移動する降海型で、ヤマメは一生を通して陸水に留まる陸封型である。サクラマスは秋~冬頃に孵化し、1年ほどはヤマメと同様に淡水で生活するが、翌年の春になると日本海やオホーツク海、北太平洋などへ移動し、そこで1年過ごす。そして2歳の夏になると再び川に帰り、秋に産卵すると一生を終える。幼魚の時期は体にパーマークがあるが、生後1年が経つと銀化する。なお、湖やダムなどに留まって大きく成長する個体の中にも銀化するものがいるが、このような個体もサクラマスと呼ばれる。河川に残留するサクラマスは産卵しても死なないという特徴がある。サクラマスという名前は桜の咲く季節に漁が行われることから付けられた。

Wikipedia

サクラマス(桜鱒、O. masou )は、サケ目サケ科に属する魚。太平洋北西部を中心に分布するが、北から順に、オホーツク海沿岸から朝鮮半島・北日本まで分布する。名前は北海道庁によって命名され[1]、産卵期の婚姻色が由来となっている[2]と言う説や桜の開花時期に遡上するから[3]などがある。 基本的には、海に下って回遊し30-70 cmに成長、産卵時に川を遡上する降海型の魚であるが、一生を淡水で過ごす河川残留型(陸封型)もいる。4月から6月頃に遡上し9月から10月頃産卵をする。海洋での回遊範囲や移動経路は十分に解明されていないが、表面水温8℃から13℃の適水温域を沿岸寄りを群れでオホーツク海付近まで回遊し越夏していると考えられる[4][5]。 一般に降海型は大きく成長するが、河川残留型(陸封型)は比較的小型のままである。

サクラマスの見た目の特徴・見分け方

幼魚の頃は体側に暗青色の斑紋(パーマーク)が見られるが、降海する生後1~2年ごろには消えて、銀色の体になる。これは銀化という。河川残留型の個体も銀化したものはサクラマスと呼ばれる。ヤマメと同じ種類ではあるが、ヤマメに比べてサクラマスは体が大きく、色も銀白色で特徴が大きく異なっている。その他、背中の部分に黒い斑点がある点、産卵期になるとピンク色の模様が体表に表れる点もサクラマスの特徴である。サクラマスのオスとメスは上顎で区別することができる。メスの上顎がまっすぐであるのに対し、オスの上顎は先端が下に向かって曲がっている。

サクラマスの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

サケ科の中で最も流通量が少ないことから市場では高値がつく。大きさがあり肥満したサクラマスは「板マス」と呼ばれ、非常に高価である。身は柔らかく脂が乗っていて美味。いわゆるサーモンピンクの身で熱を通しても固く締まらない。旬は冬~春。 調理のバリエーションは幅広く、ムニエルや塩焼き、フライなどにすることができる。刺身にしてもよいが、寄生虫が入っている恐れがあるので注意が必要。山形県鶴岡市では天神祭の際に「にらます」と呼ばれるサクラマスのあんかけを作って食す文化がある。また、富山県の名物である「ますのすし」の原料は本来サクラマスである。

サクラマスのレシピ動画

サクラマスのさばき方
サクラマスのムニエルの作り方

サクラマスの生態域・分布

サクラマスの釣り方

サクラマスの釣り場

深海

サクラマスの動画

Twitterでのサクラマスの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!