戻る

サクラマス

淡水

  • サクラマス画像
  • サクラマス画像
  • サクラマス画像
  • サクラマス画像
  • サクラマス画像
サクラマス画像 サクラマス画像 サクラマス画像 サクラマス画像 サクラマス画像

サクラマス(桜鱒)

サケの仲間

別名: サクラマス・ママス
科目: サケ目サケ科

サクラマスの特徴

サクラマスの陸封型がヤマメである。降海時期は生後1~2年の間で、役10~15センチ程度の大きさで降海する。湖やダムなどで大きく成長する個体は、銀化し、この場合もサクラマスと呼ばれる。日本での産卵時期は9月から10月頃で河川残留型のサクラマスは、産卵しても死なない。桜の咲く季節に漁が行われるため、サクラマスと名付けられた。

Wikipedia

サクラマス(桜鱒、O. masou )は、サケ目サケ科に属する魚。ヤマメはサクラマスの河川残留型(陸封型)に対する呼称である。太平洋北西部を中心に分布するが、北から順に、オホーツク海沿岸から朝鮮半島・北日本まで分布する。いくつかの亜種が知られ琵琶湖のビワマス、南日本・西日本のサツキマス(河川残留型:アマゴ)、台湾のタイワンマスがいる。名前は北海道庁によって命名され[1]、産卵期の婚姻色が由来となっている[2]と言う説や桜の開花時期に遡上するから[3]などがある。 基本的には、海に下って回遊し30-70 cmに成長、産卵時に川を遡上する降海型の魚であるが、一生を淡水で過ごす河川残留型(陸封型)もいる。4月から6月頃に遡上し9月から10月頃産卵をする。他のサケ科魚類と同様冷水域に生息するため、寒冷な北海道や東北などの緯度高い地域では降海型が多いが、中部以南の緯度の低い地域では標高の高い冷水域に陸封される傾向が強くなる。降海後1年で成熟し生まれた川に帰る。海洋での回遊範囲や移動経路は十分に解明されていないが、表面水温8℃から13℃の適水温域を沿岸寄りを群れでオホーツク海付近まで回遊し越夏していると考えられる[4][5]。千島列島の東側の北部太平洋での捕獲例はほとんどない。 一般に降海型は大きく成長するが、河川残留型(陸封型)は比較的小型のままである。降海型は幼魚期の1-2年を河川で過ごし、この頃の体側面には大型で小判形をした暗青色の斑紋(パーマーク)が数個以上並ぶ。降海の時期は3月から5月で10cmから15cm程度に成長した頃で、海に下る前になるとパーマークは消え体色が銀色になり、「スモルト」「銀化(ぎんけ)」と呼ばれる。以降、成魚となるまで体色は銀色のままだが、繁殖期になると桃色(桜色)がかった婚姻色が現れる。一方、河川残留型(陸封型)は幼魚期のパーマークが成熟しても残る。湖やダム湖などで通常の河川残留型(陸封型)よりも大きく成長する個体もあり、成長に伴ってパーマークがなくなり降海型と同様の外見になることがあり、「銀化ヤマメ」などと呼ばれる。これとは別に、河川残留型(陸封型)の中にパーマークがない無斑型の個体が混ざる地域があり、突然変異型と考えられている[6]。カムチャッカなどの高緯度の寒冷地域では、低水温のため成長が遅い事から河川での生活期間は長く、スモルト化するまで3年を必要とする場合がある。 近年では、湖やダム湖など大きく成長したパーマークのない銀化した河川残留型(陸封型)のヤマメも陸封型及び降海型を問わずサクラマスと呼ばれる[要出典]。

サクラマスの見た目の特徴・見分け方

幼魚の頃は体側に暗青色の斑紋(パーマーク)が見られるが、降海する生後1~2年ごろには消えて、銀色の体になる。これは銀化という。

サクラマスの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

サケ科の中で最も流通量が少ないことから市場では高値がつく。身は柔らかく脂が乗っていて美味。いわゆるサーモンピンクの身で熱を通しても固く締まらない。

サクラマスのレシピ動画

サクラマスのさばき方
サクラマスのムニエルの作り方

サクラマスの生態域・分布

サクラマスの釣り方

サクラマスの釣り場

深海

サクラマスの動画

Twitterでのサクラマスの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!