戻る

オオクチイシナギ 刺毒 中毒 粘液毒

海水

  • オオクチイシナギ画像
  • オオクチイシナギ画像
オオクチイシナギ画像 オオクチイシナギ画像

オオクチイシナギ(大口石投)

別名: イシナギ・メダイ・スミ・オオクチイシナギ・カラス・タイショーアジ
科目: スズキ目イシナギ科

オオクチイシナギの特徴

九州以北の北日本、北太平洋に分布。水深400~600mの岩礁域にすむが産卵期には水深100~200mのところに回遊し、その時期が釣りのシーズンになっている。最大2mに達する大型魚で身肉の味もよいが、肝臓には大量のビタミンAが含まれており、食べ過ぎるとビタミンA過剰症になる。

オオクチイシナギの見た目の特徴・見分け方

幼魚や若魚は体側に5本の白色縦帯があるが成長とともに薄くなり、老成魚の体色は一様な黒褐色となる。

オオクチイシナギの毒・危険な部位

  • 刺毒
  • 中毒
  • 粘液毒
  • 危険!

肝臓は大量のビタミンAが含み、食べ過ぎるとビタミンA過剰症になることから食品衛生法で食用禁止となっている。

オオクチイシナギの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

白身で脂が多いが大型魚はやや大味。3kgまでの中型の方が味がよいとされる。刺身、塩焼き、バター焼き、煮付けほかさまざまに料理できる。

オオクチイシナギの生態域・分布

南日本・北日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海

オオクチイシナギの釣種

釣り船

オオクチイシナギの釣場

深海

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!