戻る

メバチ

海水

  • メバチ画像
メバチ画像

メバチ(目鉢)

サバの仲間

別名: ソマガツオ・ソマカツオ・メバチマグロ・メバチ・バチ・ダルマ・ヒラシビ
科目: スズキ目サバ科

メバチの特徴

クロマグロより南方系で日本では東北地方の沖合海域から南の太平洋岸に回遊し、琉球列島にも多いが日本海にはほとんど入らない。バチとかメブト、メッパなどの地方名がある。キハダは西日本で好まれるがメバチは東日本で好まれる。旬は春から夏にかけて。

Wikipedia

メバチ(目鉢、目撥、学名 Thunnus obesus)は、スズキ目・サバ科・マグロ族 に分類される魚類の一種。和名は目がパッチリしていることから付いた。全世界の熱帯・温帯海域に広く分布する。7種のマグロの中でも漁獲量が多く、重要な食用魚となっている。日本ではメバチマグロ(目鉢鮪、目撥鮪)、バチマグロとも呼ばれる[2]。このほか地方名としてバチ(東北・関東)、メブト(九州)、シビ(関東以外)などがある。また、若魚は各地でダルマとも呼ばれる。 成魚は全長250 cm・体重210 kgに達し、マグロ属8種の中ではミナミマグロ、キハダと並ぶ中型種である。ただし、日本近海産は熱帯産より小型で、2 m以上の個体は少ない。 体は太い紡錘形で、マグロの中では最も体高が高く、ずんぐりした体型をしている。また目が大きいのも特徴で、和名「メバチ」や英名"Bigeye tuna"もここに由来する。胸鰭(むなびれ)はクロマグロより長いが、ビンナガほどではない。体色は背中が藍色、体側から腹面が銀白色をしている。若魚は成魚よりも体が前後に細長く、体側に白い数本の横縞模様があり、キハダの若魚に似る。 全世界の熱帯・温帯海域に広く分布し、赤道から南北に緯度35度の範囲に多く生息する。ただし地中海には分布しないことが知られ、日本沿岸でも日本海には入らない。 暖かい海域の中層に生息し、群れで回遊する。日中は他のマグロより深い層を泳ぎ、水深300 mの深海にも達するが、夜は表層に現れる。 寿命は15年以上と推定されている。 延縄(はえなわ)などの遠洋漁業で漁獲される。21世紀初頭の時点では年間30万t前後が漁獲されており、マグロ類の種類別漁獲量ではキハダに次ぐ。 農林水産省の統計によると、日本でのマグロ流通量のうちキハダに次ぎ、3割台を占める。鮮やかな赤身でありながら、脂が多いクロマグロに比べてさっぱりとした上品な味わいと評される。クロマグロのように養殖の研究が進んでおらず、世界的な和食普及で海外需要が増えていることもあり、価格が上昇傾向にある[3]。 乱獲によって個体数は減少しており、IUCNレッドリストでは1994年版からVU(絶滅危惧II類)として記載された。 身は赤くて柔らかい。脂肪の多い「トロ」の量はクロマグロより少ないものの、刺身や寿司種に使われる。 春から夏にかけてはクロマグロの味が落ちるとされており、この時期にはメバチの需要が高まる。 食料として見た場合、メバチの体内に含まれる微量の水銀に注意する必要がある。厚生労働省は、メバチを妊婦が摂食量を注意すべき魚介類の一つとして挙げている。

メバチの見た目の特徴・見分け方

目が大きくずんぐりした体型なので、ダルマと呼ぶ地方もある。メバチの呼び名は、目が大きいことから名付けられたもの。体側に白い横帯がある。

メバチの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

クロマグロに次いで美味しいといわれる。刺身や寿司だねに使われることが多い。

メバチのレシピ動画

メバチ さばき方
メバチ カルパッチョのレシピ

メバチの生態域・分布

南日本・北日本・東シナ海 ・琉球列島

メバチの釣り方

釣り船・ソルトウォータールアーフィッシング

メバチの釣り場

外洋・沖合・砂地・岩礁

メバチの動画

Twitterでのメバチの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!