戻る

テンス

海水

  • テンス画像
テンス画像

テンス

ベラの仲間

別名: テンス・アマダイ・テス・エビスダイ
科目: スズキ目ベラ科

テンスの特徴

東京湾および島根県以南のやや深い砂泥底にすむ。危険を感じたときや夜間は砂中に潜る。

Wikipedia

テンス(天須、Iniistius dea)は、ベラ科テンス属に属する魚の一種。背鰭の前2棘が長いことが特徴である。 別名はテンスダイなど(下記参照)。太平洋西部からインド洋東部(東インド諸島)の温暖な地域に分布。 日本近海では、南日本、特に太平洋側では東京湾以南、日本海側では島根県以南、東シナ海に分布。全長約35-40cm)。体はとても高く側扁で、鱗は大きい。背鰭と臀鰭基底に鱗鞘(英: scale sheath、鰭の外面を覆う鱗の集合体。)はない。頭部背縁は隆起線をなす。口角から前鰓蓋にかけて細く狭い溝がある。両顎歯は1列に並び、先端に2対の犬歯がある。前鰓蓋骨縁に鋸歯はない。眼の下に1-2列の小さな鱗がある。水深30m以上のやや深い砂泥底に生息する。砂底で底生動物などを食べる。夜、休息するときや危急時は砂中に潜る。食用となり、味は良いとされる。数は多くないが、南日本では総菜魚として食されている。煮付けや唐揚げにて食すと美味とされる。

テンスの見た目の特徴・見分け方

平たい体つきをしている。背ビレの第1、第2棘が長く伸びる。背全部に黒色斑があるが、ないものもいる。

テンスの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

塩焼きや味噌焼きでまずまず。身が非常に薄い。

テンスのレシピ動画

テンスの昆布締め
テンスのお刺身・揚げ焼き

テンスの生態域・分布

南日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海 ・琉球列島

テンスの釣り方

釣り船・投げ・ボート

テンスの釣り場

沖合・内湾・砂地

テンスの動画

Twitterでのテンスの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!