戻る

ミズダコ

海水

  • ミズダコ画像
  • ミズダコ画像
ミズダコ画像 ミズダコ画像

ミズダコ(水蛸)

マダコの仲間

別名: ミズダコ・ミズタコ・ヤナギダコ
科目: タコ目マダコ科

ミズダコの特徴

タコ類の最大種で全長3mに達する。亜寒帯性で本州では紀伊水道以北の太平洋岸、日本海側の全域に分布する。水深200mまでの沿岸岩礁域にすみ大型甲殻類や二枚貝、魚類など貪欲に食べる。マダコの龍つの少ない北海道や東北地方では本種が代表的なタコとみなされている。

Wikipedia

ミズダコは軟体動物八腕類上目マダコ科に属するタコの一種で、世界最大のタコ[2]。ミズダコの名は身が柔らかく水っぽいことに由来するという[2]。別名オオダコ(大蛸)とも言う。 タコ類最大だけあって体、吸盤ともに非常に大きい。体長は足(腕)を広げると3-5m、体重も10-50kgにもなり、最大記録では体長9.1m、体重272kgに達する[3]。口のカラストンビは人の握り拳大ほどもあり、これで餌であるカニの甲羅や貝の殻を咬み砕くと言われるが、他のタコのような唾液のチラミン毒素の強さについては不明。 体のほとんどが柔軟な筋肉であるため力が強く、巨大な個体に絡まれたら人間でも危険である。潜っていた時に襲われ、溺死した例もある。ただし、近づきすぎたり、刺激したりしない限りは故意にダイバーを攻撃することはない。陸上では水中と違い、重い体重を支えることはできず、動けなくなってしまう。 カナダ方面では大型化し、体長3.5mにも達する大物も少なくないと言われるが、生息地域が寒い海ということもあり、マダコなどに比べれば、まだまだ生態的に未解明な部分が多い。餌は主にケガニやタラバガニなどの大型甲殻類や、魚類やホタテガイのような貝に、ウニ等も手当たり次第にその巨体を良いことに捕獲し、貪欲に食べてしまう。本種が最大のタコでいられるのも、寒い海に生息するそれら大型甲殻類などの餌が豊富であり、そのために寒海には住めない他のタコ類との競争も減り、大型化していったと考えられる。 他の多くのタコと同じく、寿命は2-3年とされている。雄は雌と交尾した後、雌は卵を守り、孵化を見届けた後に一生を終える。地域別には4年ほども生きる個体もいるといわれる。 雌雄の違いは雄の方が体も吸盤も大きく、相手を捕らえて抱え込んだり、吸い付いたり力も強力だとされているが、その吸盤の大きさから配列は大小ともに歪な見かけがする。雌は雄に比べて、吸盤の配列や大きさが、比較的均等になっている。 また、他のタコや周囲の状況に擬態したり、迷路を解いたりするなど高い知能を有している[3]。

ミズダコの見た目の特徴・見分け方

体表には細かいしわがある。眼の後方に耳のような突起がある。体色は赤みが強い。

ミズダコの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

肉質がやや柔らかく水っぽいが、マダコと同様の調理法でおいしい。水揚げの多い北日本で評価が高い。

ミズダコのレシピ動画

ミズダコの天ぷら
茹でミズダコ・タコのモツ

ミズダコの生態域・分布

北日本・日本海・オホーツク海

ミズダコの釣り方

釣り船・磯・防波堤

ミズダコの釣り場

内湾・岩礁・防波堤

ミズダコの動画

Twitterでのミズダコの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!