戻る

ウスメバル

海水

  • ウスメバル画像
  • ウスメバル画像
  • ウスメバル画像
  • ウスメバル画像
  • ウスメバル画像
ウスメバル画像 ウスメバル画像 ウスメバル画像 ウスメバル画像 ウスメバル画像

ウスメバル(薄眼張)

別名: オキメバル・ウスメバル・メガラ・メバル・テリ・ヤナギ・ハチメ・ツズノメバチメ・コムギ・アカメバル・ホゴ
科目: スズキ目メバル科

ウスメバルの特徴

沖合性のメバルで北海道南部~東京・対馬の水深40~150mにすむ。岩礁につき、動物プランクトンや小魚を食べる。全長25~35cm。

ウスメバルの見た目の特徴・見分け方

体色はやや赤みがかり、体側上半部に数個の暗色斑がある。暗色斑の縁辺は角ばる。

ウスメバルの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

刺身、塩焼き、煮付け、唐揚げなどに料理される。

ウスメバルの生態域・分布

南日本・北日本・日本海・東シナ海

ウスメバルの釣り方

釣り船

ウスメバルの釣り場

沖合・岩礁

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!