戻る

ニジマス

淡水

  • ニジマス画像
  • ニジマス画像
  • ニジマス画像
  • ニジマス画像
  • ニジマス画像
ニジマス画像 ニジマス画像 ニジマス画像 ニジマス画像 ニジマス画像

ニジマス(虹鱒)

サケの仲間

別名: ニジマス・レインボー・レインボートラウト・マス・スチールヘッド・ドナルドソン・レインボウ・ヤシオマス・レインボウトラウト・レンボートラウト・レイボウトラウト・レインボオトラウト・テツ
科目: サケ目サケ科

ニジマスの特徴

摂氏12度以下の冷たい水かつ、流れの早い川に生息する。基本的には一生を淡水で過ごす魚だが降海する個体もいる。

Wikipedia

ニジマス(虹鱒、学名:Oncorhynchus mykiss、英名:Rainbow trout)はサケ科に属する魚。食用魚であり、釣りの対象にもなる。成魚の体長は一般的に約40 cm前後であるが、大型のものは60〜120cmにまで成長することもある[2]。小型のニジマスは一生を淡水で過ごす陸封型(河川残留型)、大型のニジマスは川から海へ下って再び川へ戻ってくる降海型で、大きさだけでなく見た目も全く違う。陸封型をレインボートラウト、降海型をスチールヘッドと別々の名前で呼ぶのは、かつては別の魚だと考えられていた名残である。川にいる一部の固体が海へ下るために海洋に適応した形に変態することをスモルト(銀化)と言って、サケ科の魚に特有の現象である。 体全体にはっきりした黒点があり、エラから尾びれにかけての体側部に赤から赤紫色の太い縦縞の模様があるのが色彩上の特徴である。繁殖期のオスに現れる婚姻色として、非常に見事な虹色の光沢が発色し、それが英名及びその直訳である標準和名の由来となっている。フランス語でも「虹のマス」を意味するトリュイッ・タルカンシエル (truite arc-en-ciel)と呼ばれる。 ニジマスの基種とその亜種の天然分布域は、カムチャツカ半島から北アメリカ大陸西岸(太平洋岸)のアラスカ、カナダ、アメリカ合衆国西海岸およびメキシコ北西部の一部である。夏でも水温が摂氏12度以下の冷たい水、特に流れが速く、酸素を多く含む川に生息する。冷水の湖などにも生息するが、サケ科としては比較的高温の22℃程度の水温でも生息可能である。熱帯地域にも移入されているが、これは標高1200メートル以上の高地である。肉食性で、水生昆虫や貝類、甲殻類、水中を流下、水面に落下してくる小昆虫、他の魚の卵や小魚などを捕食する。本種は基本的には一生を淡水で過ごす河川残留型の魚であるが、降海と河川遡上を繰り返す個体もいる。 降海型の個体は、特に大きく成長しやすく、全長1.2m、体重25キログラム程度の記録もある。頭部上面が黒っぽくなる事から、日本ではテツ、英語ではスチールヘッド (Steelhead) などと呼ばれる。この個体が産地周辺の川を遡上することがある。テツは北海道の知床半島周辺の海で捕獲(漁獲)される場合があるが、回遊範囲など海洋での生態は十分に解明されていない。 生まれてから2から4年目の間に成熟する例が多く、他のサケ属の魚(シロザケなど)とは違い、成熟後は1回の繁殖行動では死なず、数年にわたって繁殖行動を行なう。自然繁殖が成立する条件として、仔魚の浮上時期の増水が小規模、短期間、低頻度などの条件が整う必要がある[6]。

ニジマスの見た目の特徴・見分け方

体全体に黒点があり、エラから尾びれにかけて赤紫色の太い縦縞の模様がある。繁殖期のオスは婚姻色として虹色の光沢が現れる。

ニジマスの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

身はサーモンピンクで柔らかく、熱を通しても硬くならない。養殖したものは生食可能なものもあり、刺身は非常においしい。

ニジマスのレシピ動画

ニジマスのさばき方
ニジマスのムニエル

ニジマスの生態域・分布

北日本

ニジマスの釣り方

釣り堀・トラウトルアーフィッシング

ニジマスの釣り場

淡水・川・渓流

ニジマスの動画

Twitterでのニジマスの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!