戻る

ブラウントラウト

淡水

  • ブラウントラウト画像
  • ブラウントラウト画像
  • ブラウントラウト画像
  • ブラウントラウト画像
  • ブラウントラウト画像
ブラウントラウト画像 ブラウントラウト画像 ブラウントラウト画像 ブラウントラウト画像 ブラウントラウト画像

ブラウントラウト

サケの仲間

別名: トラウト・ブラウントラウト
科目: サケ目サケ科

ブラウントラウトの特徴

水のきれいな湖や河川の緩流域に住み、ニジマスより低温を好む。北海道、栃木県中禅寺湖、神奈川県芦ノ湖で見られる。

Wikipedia

ブラウントラウト(学名:Salmo trutta)は、サケ目サケ科に属する魚で、3つの型からなる。河川型 (fario) と 降湖型 (lacustris) はブラウントラウトと呼ばれ、降海型 (trutta) はシートラウトと呼ばれる。別名:ブラウンマス、茶マス、茶色マス等。ブラウントラウトは一生の大部分を淡水域で過ごすのに対して、降海型 (trutta) シートラウトは海を回遊し、産卵の時のみ、生まれ故郷の淡水域に戻ってくる。ブラウントラウトも淡水域を回遊しており、降湖型 (lacustris) は、湖沼を主な生活圏とする個体群で、湖から川に遡上し産卵するが、湖の岸で産卵を行うこともある。河川型 (fario) は流水を生息域とし、高山の小川に住むことが多いが、時に大きな河川に住むこともある。産卵のために川を遡るグループと遡らないグループは、同じ川に住むものであっても遺伝的に異なることが知られている。 但し、他の地域に移植した場合、河川型 (fario) も降海型 (trutta) になる可能性がある。 一般にヨーロッパとアジアに生息していると思われているが、実際には極付近まで周遊する。またギリシャやエストニアには海から遠く淡水のみで生活するものもある。fario 型は比較的冷たく、酸素の豊富な陸水を好み、特に山地の大きな水流に多いが、他のサケ科の魚の最適温度よりは温かい摂氏15.5-18.3度程度である。 標準的なサイズの魚で、ある地域では20kg以上になり、また小さな川では1kg程度以下のものもある。 多くの地域で環境への適応力に優れ、個体、個体群で生態を変化する事が知られている[3]が、母川回帰率は低い。成熟までに必要な期間はオスが、1年から2年、メスが2年から3年とされ寿命は5年から8年。 冬期(11 - 2月)に産卵を行い、2月から3月初旬に孵化した稚魚は4月から5月頃に浮上する。浮上後は淡水で生活をし、1年で10cm程度、2年で20cm程度、3年で25cmから30cm程度に成長する。 海を回遊するものはサイズが若干大きく、寿命も長い。ブラウントラウトは昼も夜も活動し、一日中餌を食べ続ける。淡水では川底の無脊椎動物、小さな魚、カエル、水面近くを飛ぶ昆虫類なども食べる。従来は、30cmを越すと魚食性が強くなるとされていたが、20cmを越すと強い魚食性を示す(水域によっては12cmの報告もある)[4]。 ブラウントラウトの産卵はタイセイヨウサケと良く似ている。平均、メスの体重1kgあたり2000個の卵を産む。 ニジマスと比較してやや癖があるといわれるが食用にも好まれ、刺身、寿司ダネなどの生食か燻製として食べられる。多くのレシピもあり、フライ、グリル、オーブン焼きなどニジマスとほぼ同様の調理が可能である。

ブラウントラウトの見た目の特徴・見分け方

体側には黒点と朱赤点が存在する個体が存在する。個体によってその模様は様々で、生息地の環境や食べ物によって変化しているようである。

ブラウントラウトの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

サケ科の中では比較的身が白い。熱を通しても硬くならないためフライにするのが主な食べ方。

ブラウントラウトのレシピ動画

ブラウントラウトのタンドリー焼き

ブラウントラウトの生態域・分布

北日本

ブラウントラウトの釣り方

釣り堀・トラウトルアーフィッシング

ブラウントラウトの釣り場

淡水・川・渓流

ブラウントラウトの動画

Instagramでのブラウントラウトの投稿

Twitterでのブラウントラウトの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!