戻る

ウグイ

淡水

  • ウグイ画像
  • ウグイ画像
  • ウグイ画像
  • ウグイ画像
  • ウグイ画像
ウグイ画像 ウグイ画像 ウグイ画像 ウグイ画像 ウグイ画像

ウグイ(石斑魚)

別名: ウグイ・ハヤ・オオガイ・アカハラ
科目: コイ目コイ科

ウグイの特徴

沖縄を除く日本全国に生息し、「ハヤ」と呼ばれることも多い。河川の上流域から下流域まで幅広く生息する。群れをなして広範囲を泳ぎ回る。植生は雑食で、小魚や甲殻類なども食べる。水質汚染にも強く、比較的都市部の汚染が激しい地域でも生息が可能である。近縁のマルタウグイとよく交雑する。オイカワやカワムツが増加し、ウグイは上流へと追いやられ生息数は減少傾向である。

ウグイの見た目の特徴・見分け方

成魚は50センチにまで成長することもあるが、平均的なサイズは30センチ程度。焦げ茶色~褐色系の銀色の魚体で、体側には黒い縦帯がある。春になるとオスは朱色のラインが出る婚姻色に変化する。

ウグイの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

春から夏にかけては少し泥臭くなるが、冬は脂が乗って美味しい。関東では食べられることは少ないが、滋賀県・長野県では盛んに食べられていたが、現在は食べる人は減少している。養殖のウグイは生食も可能。小骨が多いが、唐揚げや焼き魚にすると美味しい。

ウグイの生態域・分布

南日本・北日本

ウグイの釣り方

投げ・バスフィッシング・トラウトルアーフィッシング・フライルアーフィッシング・ヘラブナ

ウグイの釣り場

河口・淡水・川・池・湖沼

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!