戻る

クエ

海水

  • クエ画像
  • クエ画像
  • クエ画像
  • クエ画像
  • クエ画像
クエ画像 クエ画像 クエ画像 クエ画像 クエ画像

クエ(九絵)

別名: クエ・モロコ・アラ・ミーバイ・クエマス・ホンクエ・ミイバイ
科目: スズキ目ハタ科

クエの特徴

南日本に多く、日本海は能登半島沖の舳倉島までが分布域。関東ではモロコ、関西はクエ、九州ではアラと呼ばれる。水深200m以浅の岩礁帯に多く、夜行性なので主に夜釣りで狙われる。

クエの見た目の特徴・見分け方

頭から尾の付け根にかけて6~7本の横縞があるが、老成魚になると消えてしまう。日本沿岸の磯釣りでは最大の魚で、全長1.3m、重さも100㎏近くになるといわれる。

クエの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

内臓から身まですべて食べることができるので、捨てるところがない魚だといわれる。刺身や唐揚げ、煮付けなどのほか、イチオシがクエ鍋。(九州ではアラ鍋)秋から冬にかけてが旬。

クエの生態域・分布

南日本・日本海・東シナ海 ・琉球列島

クエの釣り方

釣り船・磯・釣り堀・筏・カセ・ボート

クエの釣り場

外洋・沖合・内湾・岩礁

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!