戻る

カワハギ

海水

  • カワハギ画像
  • カワハギ画像
  • カワハギ画像
  • カワハギ画像
  • カワハギ画像
カワハギ画像 カワハギ画像 カワハギ画像 カワハギ画像 カワハギ画像

カワハギ(皮剥)

カワハギの仲間

別名: カワハギ・マルハゲ・マルハギ・キンツ・ホンカワ・バクチ・クロギ・カワハゲ・メイボ・ラケット・ホンハゲ・キンツハギ・ホンハギ・ハゲコーベ・イトマキ・コウグリ・デンボ・ツノギ・ビクシハギ・ゲンバ・コウベ
科目: フグ目カワハギ科

カワハギの特徴

北海道辺りから各沿岸地、瀬戸内海、更には東シナ海にまで分布しており、日本では全国各地の沿岸部で見ることができるため、知名度が非常に高い魚である。水深100m~200m以浅の岩礁周りの砂地に群れて生息している。甲殻類や、ゴカイなどの多毛類、貝類やウニなどの固い殻があるものでも、可愛いおちょぼ口の中に隠している強靭な歯で噛み砕いて捕食している。カワハギはやや暖海性の魚で、日本各地に分布しているが、同種に比べて漁獲量が少ないため高値で取引される。釣り人にはおなじみの釣魚であり各地の船釣りで盛んに狙われるほか、磯釣り、投げ釣りのターゲットにもなっている。エサ取り名手として知られるが、仕掛けが底に這う投げ釣りでは比較的大きなアタリを出す。エサにはアサリの剥き身が使われることが多い。肝が肥大する秋から冬が旬である。

Wikipedia

カワハギ(漢字表記:皮剥または鮍、英名 Thread-sail filefish、学名 Stephanolepis cirrhifer)は、フグ目カワハギ科に分類される魚。 産卵期は夏で、砂底に産卵する。幼魚はアミメハギに似ており、海藻の多い岩礁海岸などで見られる。成長するにつれ岩礁の沖合いで生活するようになる。 旬は本来は夏であるが、秋から冬にかけて第二の旬があり(後述)、釣りや籠漁などで一年を通じて漁獲される。釣りの場合、小さな口で餌を削ぎとるように食べるので釣り人に当たり(魚信)が伝わりにくい。このため釣り針を上げて魚の口に引っ掛ける合わせのタイミングを逃し、餌だけ取られることも多く、釣り上げるには高度なテクニックが必要とされる。このため引っ掛け釣りなどの釣法も普及しており、釣りの対象としても人気が高い(後述)。 身は脂肪が少なく歯応えある白身で、料理法も煮付け、刺身、寿司、フライ、干物など多種多様である。生では弾力があるので、刺身にする際は薄造りにする。 また、カワハギの肝は「海のフォアグラ」とも呼ばれる。静岡市の三保半島では東海大学海洋学部の研究成果を基に、地下水として汲み上げる海水を利用して、通年で肝が大きいカワハギの陸上養殖が行われている[4]。

カワハギの見た目の特徴・見分け方

体長は平均的には20cm~25cmぐらいで、大きいものだと30cmほどに成長する。顔には特徴的なおちょぼ口があり、体形は正面から見ると極端に側扁しているが、横から見るとひし形に見える。カワハギの体色は茶色っぽい褐色で、地色よりも濃い色の斑紋は縦にしましまに入っているものが多い。しかしこれには個体差があり、すべてのカワハギがそうではなく、斑紋が体にほとんどないカワハギや、迷彩のようなカワハギもいる。カワハギの皮は特徴的で、非常にザラザラしており、どこか一点に切れ込みを入れるだけで、手ですべて剥ぐことができる。頭の部分には鋭い角状のものがあり、その角の後ろの背ビレの最初の軟条が糸状になっているのが雄で、メスにはこの軟条がないのもカワハギの特徴である。

カワハギの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印

食用としても高い人気のカワハギは、鮮度が良いと透明感のある白身で、キュッと締まっているので歯ごたえがよく、刺し身が美味。さらにカワハギの肝は状態がよいもの(包丁を入れたときに潰れないなど)はそのまま食べることができるので、肝醤油にしたり、肝を身で巻いて食べたり、肝のたたきにすると絶品である。ただし、カワハギの肝を生食する際は、じっくりと確認し寄生虫(アニサキス)がいないか注意する必要がある。カワハギは刺し身以外でも、煮付けやちり鍋、塩焼き、味噌汁、フライなど、どんな料理にしても美味しい。

カワハギのレシピ動画

カワハギのお刺身と煮付け
カワハギの姿揚げ

カワハギの生態域・分布

南日本・北日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海 ・琉球列島

カワハギの釣り方

釣り船・磯・投げ・防波堤・海釣り公園・筏・カセ・ボート

カワハギの釣り場

沖合・内湾・砂地・岩礁・防波堤

カワハギの動画

Instagramでのカワハギの投稿

Twitterでのカワハギの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!