戻る

ナンヨウキンメ

海水

  • ナンヨウキンメ画像
  • ナンヨウキンメ画像
ナンヨウキンメ画像 ナンヨウキンメ画像

ナンヨウキンメ(南洋金目)

キンメダイの仲間

別名: ヒラキンメ・ナンヨウキンメ
科目: キンメダイ目キンメダイ科

ナンヨウキンメの特徴

深海魚で、200メートルから500メートルの水深に生息している。キンメダイとは生態も似ている。ナンヨウという名だが、日本近海の広い範囲に生息している。

Wikipedia

ナンヨウキンメ (学名: Beryx decadactylus )はキンメダイ科に属する深海性の中型海水魚である。熱帯・亜熱帯を中心とした世界中の海に生息し、日本にも南日本を中心に生息する。同属種のキンメダイによく似るが、体高が高く、強く側扁した体型を持つことで区別できる。水深110-1000 mの海底近くを群れを作って泳ぎ、無脊椎動物や小魚を捕食する。漁業の対象となることもあるが、むしろキンメダイを対象とした漁業で混獲されることが多い。食用になるが市場価値はキンメダイほど高くはない。本種は眼が大きく、楕円形で強く側扁した体型を示す。体高が高く、体長は体高の1.9-2.5倍程度である[6][7]。最もよくみられるのは全長35 cmほどの個体であるが、最大で全長100 cmに達するともされる。記録されている最大の体重は2.5 kgである。幼魚では頭部の眼前に強大なとげがあるが、成魚ではあまりみられない[8]。背鰭は4棘条18-20軟条から、臀鰭は4棘条25-30軟条からなる。臀鰭の基底はやや丸みを帯び、尾鰭は深く二叉する[4][9]。鱗はやや大きく、側線上にある鱗の数は52-62と少ない[9]。 体色は背側では深赤色で、腹側では橙色を帯びる。その他の部分は主に銀色を帯びたピンク色で、胸部はやや黄色味を帯びる[8]。口腔内と鰭は鮮やかな赤色である[4]。このように鮮やかな赤い色は、赤い光が届きにくい深海環境への適応としてキンメダイの仲間以外の多くの種でもみられるものである[10]。同属種よりも明らかに体高が高いことから識別できる。キンメダイと比べると強く体が側扁しているのも識別に役立つ。より正確には背鰭の軟条数が多いこと、頭部のとげが強大なことも識別形質となる[6]。ナンヨウキンメは亜熱帯・熱帯域を中心としながらも世界中に生息し、北緯70°から南緯48°までの海域で報告されている。大西洋では北はグリーンランドやアイスランドから南はブラジルや南アフリカまで生息が確認されている。インド太平洋でも南アフリカから東へ日本やオーストラリア、ニュージーランドまで生息する。東太平洋のアルゼンチン沖や、ハワイにおいても報告例がある。 西太平洋での記録は比較的少ないが、これはこの地域で深海における漁業があまり行われていないためだと考えられており、実際には相当数が生息しているとみられる[8]。 日本に置いては青森県から土佐湾までの太平洋沿岸と、佐渡以南の日本海沿岸で散発的にみられるほか、九州・パラオ海嶺、東シナ海の大陸棚の縁辺域などに生息するとされる[6][11]。 水深110-1000 m[8]の大陸棚や大陸斜面に生息する。日周鉛直移動(英語版)を行い、日中は深海域で過ごすが夜になるとより浅い海域へ移動する[1]。水深200-400 mの水温24℃ほどの海域で最もよくみられる[8]が、地域によって生息する水深は異なる。東大西洋では水深100-972 mで記録されているが、水深350-600 mで特に多い。インド太平洋ではより深い海域でみられ、最も深くて水深1000 mでもみられる[1]。

ナンヨウキンメの見た目の特徴・見分け方

キンメダイに似ているが体高が高くて、平たい。

ナンヨウキンメの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

キンメダイに比べ脂が少なくあっさりしている印象だが、刺し身にしても火を通しても非常に美味。1時期にまとまって市場に出るので、その時期は、キンメダイに比べると少し安く入手できる。年間を通じて味が安定している。

ナンヨウキンメのレシピ動画

ナンヨウキンメのさばき方

ナンヨウキンメの生態域・分布

南日本・北日本・日本海

ナンヨウキンメの釣り方

釣り船

ナンヨウキンメの釣り場

深海・外洋

Twitterでのナンヨウキンメの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!