戻る

マゴチ

海水

  • マゴチ画像
  • マゴチ画像
  • マゴチ画像
  • マゴチ画像
  • マゴチ画像
マゴチ画像 マゴチ画像 マゴチ画像 マゴチ画像 マゴチ画像

マゴチ(真鯒)

コチの仲間

別名: マゴチ・コチ・マコチ・ホンゴチ・ホンコチ・オオコチ・オオゴチ・クロゴチ
科目: カサゴ目コチ科

マゴチの特徴

宮城県、新潟県以南の各地に見られる。水深30m以浅の砂泥底にすみ、魚類や甲殻類を食べる。生きエサを使ったのませ釣りのほかルアーでも狙う。投げ釣りでは、ハリに掛かったシロギスに食いついてくることもある。

Wikipedia

マゴチ (真鯒、Platycephalus sp.)は、カサゴ目コチ科に属する魚類。日本近海に分布するコチの中では大型の種類で、美味な食用魚でもある。地方名にはホンゴチ、クロゴチ(西日本)、ゴチゴロウ、ゴチゴロ、ゼニゴチ(長崎県)、スゴチ(愛媛県)などがある。全長は50cmほどだが、最大約80cmほどの大型個体もたまに漁獲される。なおカサゴ目のコチは大型個体がすべて雌で雄性先熟の性転換を行うと言われてきた。しかしながら、マゴチおよびヨシノゴチについて性別と耳石による年齢査定により検討した結果、雌雄で成長差があり、雄は高齢になっても大きくならないことが明らかとなった。よって、コチは性転換を行わない魚種である。 体は上から押しつぶされたように左右に平たい。特に頭部がシャベルのように左右に平たいことから、英語でのコチ類の総称は「平たい頭」(Flathead)である。口は大きく、下顎が上顎より前に突き出ている。目は小さく、下顎の先端は丸い。胸びれに小さな褐色の斑点がある。腹側は白いが、背中側は黄褐色-褐色をしていて、細かいまだら模様がある。ただし、海底の砂泥の色に合わせて体色をある程度変えることもできる。 日本の分布域は、日本海側は山形県以南、太平洋側は宮城県以南とされる。なお、マゴチや近縁種のヨシノゴチは、奄美大島以南の太平洋、インド洋、地中海に分布する Platycephalus indicus と同一種とされていたが、研究が進み別種とされるようになった。ただし、まだ学名が決まっていないので、学名は"Platycephalus sp. "( コチ属の一種)という表現がされる。 海岸から水深30mほどまでの砂泥底に生息する。夏は海岸近くに寄ってきて、砂浜海岸や干潟の海中などでも姿を見ることができ、河口などの汽水域にもよく侵入するが、冬はやや深場に移る。 海底の砂底に腹をつけて生活する底生魚で、あまり動き回らずに平たい体と褐色の体色で砂底に擬態し、敵や獲物の目をあざむく。砂底に浅くもぐることもできるので、ぱっと見たくらいでは砂底と見分けがつかない。 食性は肉食性で、クルマエビ類やテッポウエビ類、小型のタコやイカ、ハゼやキスなど、気づかずに接近する小動物を大きな口で捕食する。キス釣りなどで釣り上げた小魚に喰いつき、釣りあがることもある。 産卵期は初夏で、海岸近くの浅場で産卵する。稚魚は最初浮遊生活を送るが、やがて底生生活に移る。 夏が旬で高級食材として扱われ、釣りの対象としても人気がある。ただし頭部には小さな棘が多いので、不用意に手で触るとけがをする。 体の前半部分は骨が多いが、尾の近くは骨も少ない。身は歯ごたえのある白身で、刺身、洗い、寿司種、煮付けなど、いろいろな料理で食べられる。

マゴチの見た目の特徴・見分け方

体は縦に平たい。体色は背側は茶褐色で腹側は白い。下あごの先端は丸く眼は小さい。尾ビレは白地に長円型の黒色斑が並ぶ。

マゴチの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

夏が旬。白身で弾力に富み、甘みが強いので薄造りが美味しい。ほか、洗い、吸い物、ちり鍋などさまざまな料理に向く。

マゴチのレシピ動画

マゴチのさばき方
マゴチのお刺身とムニエルのレシピ

マゴチの生態域・分布

南日本・北日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海 ・琉球列島

マゴチの釣り方

釣り船・投げ・筏・カセ・ボート・ソルトウォータールアーフィッシング

マゴチの釣り場

沖合・内湾・砂地・河口

マゴチの動画

Twitterでのマゴチの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!