戻る

サケ

海水

  • サケ画像
  • サケ画像
  • サケ画像
サケ画像 サケ画像 サケ画像

サケ

サケの仲間

別名: サケ・アキアジ・シャケ・シロザケ・トキシラズ・キングサーモン
科目: サケ目サケ科

サケの特徴

一般的に種族としてのサケ目をサケと呼び、本種は中でも一番一般的なシロザケを指す。本州・北海道の河川で生まれ、海を回遊し成長した後、生まれた河川に戻ってきて産卵する。3~5年間、外海で成長を続ける。カラフトマスとは近縁で、交雑した個体が見られる。

Wikipedia

名称 生鮮魚介類として流通する場合にはシロサケ、アキサケ、アキアジ(アイヌ語の「アキアチップ(秋の魚の意味)」に由来する[2]。)などの名称も用いられる[3]。このほかの別名としてイヌマス、サーモン、メジカ、トキシラズ、岩手県では南部鼻曲り鮭、ブナ(いずれも河川に遡上したものを指す)などがある。トキシラズ(時知らず)は産卵期以外の時期に取れる季節外れの鮭の呼称。産卵のために栄養が疲弊していないので旬のものより美味いとも言われる。 上記呼称を含めて地方名も多く、アキザケとアキアジは北海道や青森県、秋田県、トキシラズとナツザケとラシャマスは北海道で使われる。なお、一部ではシャケとも称される[4]が、シャケとサケの関係については諸説ある。

サケの見た目の特徴・見分け方

全長は80センチから1メートル。成熟が浅いと銀色の鱗に覆われ、成熟が進むと赤褐色の模様が浮き出てくる。また、オスは鼻が曲がる。胸鰭と腹鰭が離れていて、脂鰭がある魚である。

サケの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

古くから食用魚として親しまれてきた魚で、河川から遠い海で捕獲された個体のほうが脂が乗っていて美味しいとされる。大きいものほど美味しいとされ、メスのほうが美味。また、産卵前のメスの卵は筋子といい、重宝される。筋子をバラして味をつけたものをイクラという。精巣も白子として人気があり比較的安価で手に入る珍味である。白身の魚であるが、サーモンピンクと呼ばれるサケ類独特の身の色をしている。

サケの生態域・分布

北日本・日本海・オホーツク海

サケの釣り方

釣り船・投げ

サケの釣り場

外洋・沖合・内湾

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!