戻る

イトフエフキ

海水

  • イトフエフキ画像
イトフエフキ画像

イトフエフキ

別名: イトフエフキ
科目: スズキ目フエフキダイ科

イトフエフキの特徴

温帯によく適応する種で、本州中部まで見られ船釣り、投げ釣りに掛かるが、大きくても30cm級の小型種で、外道扱い。内臓に臭みがあることから和歌山県下ではドーグイ、ドログイ(泥食い)などと呼ばれる。

イトフエフキの見た目の特徴・見分け方

背ビレの第2棘が糸のように長く伸びるのが特徴。体は明るい茶褐色で胸ビレの上方に黒っぽい斑紋がある。

イトフエフキの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し
  • 星無し

アミフエフキと同様沖縄では「ムルー」と呼ばれる惣菜魚。内臓に臭みがある。マース煮、塩焼きなどで食べられる。

イトフエフキの生態域・分布

南日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海 ・琉球列島

イトフエフキの釣種

釣り船・磯・投げ

イトフエフキの釣場

内湾・砂地・岩礁

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!