戻る

イトウ

淡水

  • イトウ画像
  • イトウ画像
  • イトウ画像
  • イトウ画像
  • イトウ画像
イトウ画像 イトウ画像 イトウ画像 イトウ画像 イトウ画像

イトウ(糸魚)

サケの仲間

別名: イトウ・イトー
科目: サケ目サケ科

イトウの特徴

北海道の限られた河川・湖に生息する。以前は青森県の河川でも見られたが現在は絶滅し、北海道のみでしか見ることはできない。成長が遅く、産卵開始までの時間が長いことが、生物的な数の減少に影響しているとされる。他のサケ類と同じく航海する個体もいる。また、他のサケ類とは異なり、産卵したあとに死ぬことはなく、一生のうちに何度も産卵することができる。

Wikipedia

イトウ(伊富、伊富魚、伊当、𩹷(魚偏に鬼) 学名 Hucho perryi)は、サケ目サケ科イトウ属に分類される淡水魚。別名は糸のように細長い体系を持つ個体が多いことから名付けられたとされるイト、イド、チライ、オビラメなど。以前一部の釣り師に降海型がオビラメで、糸のようにスリムな体系を持つ河川型のイトウとは別種である旨の分類がなされたこともあるが、本来イトウは容易に降海性を獲得できる能力を有しており、この認識は間違いであったと考えられる。 日本最大の淡水魚として知られており、体長は1mから大きいものでは1.5mに達する。記録上最大のものでは、1937年(昭和12年)に十勝川でおよそ2.1mのイトウが捕獲されたことがある。また体長1mに育つまで10年程度の時間が必要である旨、イトウ研究者からの発表もなされており、サケ科の魚としては長命である半面、成長速度が非常に遅いという特性があり、この点がイトウの希少性と相まって、個体数の減少に拍車をかけているものと考えられるため、早急な保護策の策定が急務であると考えられる。 和名は「糸魚」の意味で、これはサケ類としては全長に比して体高が低く細長い体形である上に、後述のようにサケとは違い早春に上流に遡上・産卵するため、初春から晩春にかけては生殖活動後の痩せ細った個体が多く見られるために、「糸のように細い魚」という印象が持たれたことによる。婚姻色はしばしば鮮やかな茜色で、大きな魚体を川面に反転する姿が目撃されることから、イトウのハネとして釣り師の格好の狙いの的になることがある。また春に遡上するイトウは、その魚体の大きさから、種川において容易に姿を見つけることができるため、特に遡上期における保護策の徹底が重要である。 種小名の perryi は函館に立ち寄った黒船のペリーことマシュー・ペリーがイトウのことをイギリスの生物学界に報告したことから命名された。

イトウの見た目の特徴・見分け方

日本最大の淡水魚で、大きなものでは2.1メートルにもなると言われている。サケ科の中でも細長い体格をしていて、そこからイトウ(糸のように細い)と名前がついた。銀白色の体側に、小さな黒の斑点があり、サケ科の特徴でもある婚姻色はイトウにも見られ、オスは秋にはきれいな茜色になる。対抗は低く、両顎は非常に強い。

イトウの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

絶滅危惧種に登録されているため、食べられるのは養殖のものがほとんど。白身で脂のりがよく美味しい。淡水魚だが癖がなく食べやすい。旬は冬。

イトウの生態域・分布

北日本

イトウの釣り方

トラウトルアーフィッシング

イトウの釣り場

淡水・川・池・湖沼

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!