戻る

ガンゾウビラメ

海水

  • ガンゾウビラメ画像
  • ガンゾウビラメ画像
ガンゾウビラメ画像 ガンゾウビラメ画像

ガンゾウビラメ(雁瘡鮃)

カレイの仲間

別名: ガンゾウ・ガンゾウビラメ・ガンゾウヒラメ・ウスバ・ガンゾー・ガンゾーヒラメ・デビラカレイ・ガンゾービラメ・コバンカレイ
科目: カレイ目ヒラメ科

ガンゾウビラメの特徴

日本では南日本以南、ほかにも南シナ海、東シナ海などの浅瀬に生息している。水深30mまでの浅い内湾の砂泥底に多い肉食魚で、ゴカイなどの多毛類や甲殻類、小魚、イカ、タコなどを捕食する。ガンゾウビラメの主な産地は和歌山県や山口県、四国であれば徳島県で、そのほとんどが産地で消費されている。主に底引き網で捕れるが、釣りでも、アマダイやホウボウ、シロギスなどを狙っているときに外道としてよくかかる。(専門で狙う釣りはあまりない)産卵期は、太平洋側では春~初夏にかけてで、福岡では秋などと、海域によって異なる。刺し身にできるサイズのものが捕れるのは稀である。

ガンゾウビラメの見た目の特徴・見分け方

ヒラメ科の中では大きく、ヒラメの次に大きくなる種で、一般的な体長は20cm程度だが、大きいものでは体長50cmまで大きさくるものもいる。体形は大きく側扁しており体高が高く、全体的に丸い形をしている。口が大きく、眼中央部を超えるところまである。両眼はヒラメと同じく左側についている。体色は少し明るい褐色。近縁種のタイワンガンゾウビラメとよく似ているが、タイワンガンゾウビラメは尾の近くまでのほとんどがが円鱗で、ガンゾウビラメは全てが櫛鱗である点から見分けることができる。また、他のヒラメとは、眼がある側の体のほぼ中央に、小さい白斑で囲まれた黒班がひとつあるので、黒斑があればガンゾウビラメであると判断ができる。

ガンゾウビラメの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

ヒラメより味が劣るとされているが、実際はそうでもなく、刺し身にして食べると、違いがあまりわからない。さばき方はヒラメと同様に5枚おろしでさばかれる。身は半透明の白身で、あっさりとしているので、刺し身の他にもカルパッチョなども大変美味。しかし、ヒラメほど身に厚みがなく身にもやや水分が多いため、鮮度落ちがはやいため、焼き物や唐揚げなどで食べるのがおすすめ。その他にも煮付けや天ぷら、ムニエル、干物などにしても美味しく食べられる。ガンゾウビラメを市場で買う際は、大きくて触ったときにしっかりとした弾力があり、眼が澄んでいるものが新鮮な証拠である。また、エラの色が澱んでいたり、茶色になっていると鮮度が落ちているので刺し身で食べる分には向いていない。

ガンゾウビラメのレシピ動画

ガンゾウビラメのさばき方
実は超美味!ガンゾウビラメのお刺身

ガンゾウビラメの生態域・分布

南日本・瀬戸内海・東シナ海

ガンゾウビラメの釣り方

ガンゾウビラメの釣り場

沖合・内湾・砂地・防波堤

ガンゾウビラメの動画

Instagramでのガンゾウビラメの投稿

この投稿をInstagramで見る

#ガンゾウビラメ 刺身写真撮り忘れた💧

@ akimo118がシェアした投稿 -

Twitterでのガンゾウビラメの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!