戻る

エゾアイナメ

海水

  • エゾアイナメ画像
  • エゾアイナメ画像
エゾアイナメ画像 エゾアイナメ画像

エゾアイナメ(蝦夷鮎魚女)

アイナメの仲間

別名: エゾアイナメ
科目: カサゴ目アイナメ科

エゾアイナメの特徴

日本では北海道にしか生息しておらず、その個体数も少ない。市場に出回ることも少ない。水深100mまでの浅海~岩礁に生息し、小型の魚や甲殻類などを食べる肉食性である。腹部が膨らんでいて、ゆっくりと動くことが鈍臭そうという理由から「ドンコ」という別名をもつ。見た目は美しいとは言い難いが「ハレの日」の魚としても知られている。刺し網で漁獲される。

エゾアイナメの見た目の特徴・見分け方

頭は小さく細長い紡錘形をしており、体長は40cm程度まで成長する。尾びれはほぼ直線で、個体によりやや湾入するものもいる。茶色~黄褐色で、体色は個体により差がある。背鰭棘数は22~24本。腹部がまるまる膨らんでおり、この中に肝が詰まっている。ぬるぬるした感触である。唇は分厚い。

エゾアイナメの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

アイナメ同様白身で美味だが、市場にはめったに出回らない。アイナメと混同されることも多い。鱗が小さくぬるぬるしているので取りづらく調理はしにくい。膨らんだお腹の中には肝が詰まっておりこれが大変美味とされる。肝以外の内臓はくさみがあるので早めに取り除いて調理するのが好ましい。身は脂肪分も少なく、高タンパクであり、肝はミネラルやビタミンを多く含むので栄養価が高い魚である。

エゾアイナメのレシピ動画

エゾアイナメ鍋・竜田揚げ
エゾアイナメ汁

エゾアイナメの生態域・分布

オホーツク海

エゾアイナメの釣り方

エゾアイナメの釣り場

内湾・砂地・岩礁

エゾアイナメの動画

Instagramでのエゾアイナメの投稿

Twitterでのエゾアイナメの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!