戻る

ビワマス

淡水

  • ビワマス画像
  • ビワマス画像
  • ビワマス画像
  • ビワマス画像
ビワマス画像 ビワマス画像 ビワマス画像 ビワマス画像

ビワマス(琵琶鱒)

サケの仲間

別名: ビワマス
科目: サケ目サケ科

ビワマスの特徴

琵琶湖固有種で、産卵時期の大雨の日になるとまとまって河川を遡上する習性を持つ。スジエビや鮎を捕食し成長留守。秋の産卵時期になるとオスは赤い婚姻色が見られ、また上下の口が内側に曲がる。サケの仲間だが、陸封型で海水での飼育は不可能。

Wikipedia

ビワマス(琵琶鱒、学名:Oncorhynchus masou rhodurus、英:Biwa trout)は、サケ目サケ科に属する淡水魚。日本の琵琶湖にのみ生息する固有亜種である。産卵期には大雨の日に群れをなして河川を遡上することから、アメノウオ(雨の魚、鯇、鰀、江鮭)ともよばれる。 体側の朱点(パーマーク)は、体長20cm程度で消失し成魚には見られない。成魚の全長は40 - 50cmほどだが、大きいものでは全長70cmを超えることもある。サクラマスと同じくヤマメの亜種であり、DNAの特徴も外観もサクラマスに近いが、サクラマスよりも眼が大きいことと、側線上横列鱗数が21 - 27でやや少ない事で見分けられる。琵琶湖固有亜種だが、現在では栃木県中禅寺湖、神奈川県芦ノ湖、長野県木崎湖などに移殖されている。また、人工孵化も行われている。

ビワマスの見た目の特徴・見分け方

体長は成魚で40~50センチ程度、幼魚のうちは体側にパーマークが見られるが、成魚になれば消失する。ヤマメの亜種でヤマメ・サクラマスに外観・特徴ともに似る。サクラマスより目が大きく、人工孵化や放流を除くと琵琶湖にしか生息していない。

ビワマスの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

刺身、揚げ物、ムニエル、煮付け、塩焼き、燻製など、どのように調理しても美味しい。産卵期の川を遡上する個体より、若いうちの琵琶湖を回遊している個体のほうが美味とされる。また、イクラより小ぶりの卵もくさみがなく非常に美味。流通量が少ないので、珍味として扱われる。

ビワマスの生態域・分布

その他

ビワマスの釣り方

トラウトルアーフィッシング・フライルアーフィッシング

ビワマスの釣り場

淡水・川・池・湖沼

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!